movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« パレードみながら  02/07/19 | トップページ | 母は作戦をたてた  02/08/25 »

物書きになったいきさつ 02/07/23

みんなからの手紙を読んでいると、
「作家になる夢を、ハルナはどうやってかなえたの?」
って質問がよくある。

残念ながら、作家になりたいと思ったことは、一度もない。
作文は苦にならなかったけれど、
漢字や文法、古文を覚えるのが苦手だったから、
国語もあまり好きじゃなかった。

本を読むのは、まあ好きだけど、好き嫌いが激しいし、
感想文を書くのは、とってもいやだった。

そもそも、作家というものは、男がなるものだと思ってた。
それも、初老をすぎた男性。
いまでも手に取る本は、ほとんどおじさまが書いた本。
若い作家(特に女性)の本は、ほとんど読まない。
だから、作家になりたいなんて思ったことは、一度もない。
女にうまれた自分とは、ぜんぜん関係のない世界だと思っていた。

じゃあどうして「榛名しおり」が生まれたのかって?
そもそもは、『公募ガイド』を楽しんでたんです。
しってるかな?雑誌です。
二番目の息子が三歳になって、
ほんのすこしだけ、自分の時間というものをとりもどすことができた。
でも、まだまだ外で働くことなんかできない。
そこで、公募ガイドを買ってきて、
懸賞で小銭をかせごうとしてたのね。
ちょうど三十過ぎたころです。
あのころは、ごく普通の専業主婦でした。
毎日子連れで公園のお砂場で遊んでた。
楽しかったなあ。

最初は、はがき一枚で応募するやつから始めた。
でも、当たらないんですこれが。くじ運というやつが、皆無なんです。
でも、何ヶ月かやってるうち、ぼちぼち当たるようになった。
そのうち、だんだんわかってきたんです。
自分の場合、書けば書くほど当たるってことが。

つまり、はがき一枚で応募するような簡単なものは、まず当たらない。
でも、原稿用紙五枚以内にまとめて、なんていうややこしいやつなら、
結構当たる。
だからあのころは結構童話とか、書いてたなあ。

そのころちょうど、古いワープロをゆずり受けた。
いや、うれしかったねえ。なにしろ辞書を引かなくても、漢字がわかる。
読みなおしても、字がきれい。
それで、調子にのって書いた(打った)はじめての恋愛小説が、
『マリア』でした。
やっぱり公募ガイドのうしろのほうに、
講談社の応募要綱がのってた。
賞金どおんと当たったらどうしようかしら~と、
ほとんど宝くじ買ったのと同じ心理状態で、
子供が寝た後、しこしこワープロをうちました。

ホワイトハートという文庫が、いったいどういう文庫なのか、
本屋のどこらへんにあるのかさえ、まったく知らずに書いた。
つまり、ホワイトハートの本を、一冊も読んだことがなかったんです。
背表紙さえ、みたことなかった。そもそも私、
少女小説というものを、読んだことがないんです。
(理由は、さっき話したとおり。
女性の書いた本を、ほとんど読まないから。
同じ理由で、同人誌の類もやったことがない)

何年かあとで、
ホワイトハートの部長さんと、お食事しながらその話になったら、
「いるのかそんな応募者が~」と、
のけぞっておられました。
本当に申し訳ないことでした。
だけどまあ、だからこそ私なんかの書いたものが、
目新しかったんだろうねえ。

« パレードみながら  02/07/19 | トップページ | 母は作戦をたてた  02/08/25 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物書きになったいきさつ 02/07/23:

« パレードみながら  02/07/19 | トップページ | 母は作戦をたてた  02/08/25 »

無料ブログはココログ