movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 2003年1月 | トップページ | 2003年6月 »

2003年4月の1件の記事

「文明の道」「男たちの旅路」 03/04/21

昨夜のNHKスペシャル『文明の道』すばらしかったです。
さすがNスペって感じで、
これでもかこれでもかと出てくるものに圧倒されました。
ペラの王宮あと、イランのカナート… マケドニアの長槍隊の再現にも感心!

死ぬまでに一度は行きたいと思っているところが
いくつかあります。
(バグダッドの考古学博物館もその一つ)
でも一番行ってみたいのは、
やはりペルセポリス。
だから、ペルセポリスのCGは、うれしかったなあ。
中を歩くアレクサンドロスの小さいこと小さいこと。
(ペルセポリス炎上の原因については、
諸説あったような記憶があります)

ちょっとしみじみしたのは、
番組の中で、アレクサンドロス大王が、
ずっと薄紫色の服を身にまとっていたこと。
古今東西を問わず、紫という色が権威の象徴なのは、
紫に染めるのがとても高価だったから。
この時代の西洋では特殊な貝を使うのですが、
テュロスを中心としたフェニキア人の門外不出の染色法でした。
だから、別名『フェニキア紫』といったわけです。

というわけで、私の中のアレクサンドロス大王は、
あの紫色の服に袖を通すたびに、
かのフェニキアの少女のことを思いだしてしまうわけで…なんてね。
ありがとうNスペ!来月も楽しみにしております。

そして昨夜はそのままNHKに目が釘付け。
だって、あの『男たちの旅路』を再放送してくれるなんて!
中学生のときにみたわけですが、
いまだにこのドラマを越えるドラマをみたことがありません。
私のおやじ好きの根っこはまさにここにあるわけで、
吉岡指令補(鶴田浩二さま)大好きです!
でもって、桃井かおりうらやましすぎ!
五月からBSで全作再放送するそうで、
それだけで今年のNHK受信料のもとをとったって感じ。
とにかくうきうきしてます。

« 2003年1月 | トップページ | 2003年6月 »

無料ブログはココログ