movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« ころもがえだ~  03/06/26 | トップページ | 夏はラテンで  03/07/02 »

工科高校の見学会 03/06/30

この春から長男が通いはじめた高校に行って来ました。
「面談」じゃありません。
「授業参観」でもなく、「PTA」の集まりでもなく
幸いにも、「呼び出し」をくらったのでもなく…。

参加したのは、「見学会」。
そんなあんた、住宅メーカーの建築現場じゃあるまいし。
見学会?
おもしろがって参加申し込んだら、長男ひとこと 
「迷うなよ」
 へ?どういうこと?

参加した保護者は、十人ほどの班に分かれ、
旗を持った引率の先生に引かれて、高校の中をぐるぐる…確かに広い!
そして、一年生の授業を「見学」したのでした。
いや~おもしろかったよ。
八カ所の「現場」…じゃなくって、「教室」を見学してまわったのですが、
ある教室では、化学の実験中で何気なく塩酸の大ビンが机の上にのっているし、
自動車エンジンをばらしているところもあり、
電卓みたいなのをはんだごて使って組み立てているところもあり、
きわめつけは、旋盤作業のクラス、
そしてもっとのけぞったのは、溶接のクラスでした。
まさに、火花散る金物工場の現場そのもの。
(長男の作業服のズボンにこげた穴があいてたのは、このせいなのね)
これらの「現場」…じゃなくて「授業」を、
全部の一年生が順繰りにすべて体験するのです。

生徒は、それぞれ十人ぐらいしかいなくて、
そこに棟梁…ではなく、専門の先生が、二三人ついてて下さってる。
生徒は、茶髪ありピアスありで結構おしゃれ…
でも表情は、みんな真剣そのもの(危険だから)。
高校生のこんな一生懸命、それでいて楽しそうな表情、
最近みたことないよ。
いい男が多いなあ~と思いながら、
私、思わず頭の中でことばのデッサン。
女の子もほんの若干まじっているのだけれど、
それがまた、さっそうとした、かっこいい娘ばかりなの。

実は、長男が入学した工科高校は、
二つの工業高校が合併してできた新設校で、
長男たちが、第一回生なんです。

成績からいくと、そこそこの普通科へ進めるはずだった長男が、
いきなり「工業系の新設校に進みたい」と言い出したときには、
面白いとは思ったものの、母として、かなり動揺しました。
昭和五十年代に高校生だった私には、
工業系の高校は、「恐い」というイメージしかなかった。

でも、長男が中三の夏に高校説明会があってね。
教頭先生の話を、じっくり聞く機会がありました。
その熱い内容を、すごくおおざっぱに要約すると…

(ここからはBGM「地上の星」でお願い)

「…奇跡の高度成長を成し遂げた日本だったが、
バブル期を極めるに連れ、
しだいに「ものづくり」の精神をおろそかにするようになり、
同時に、工業系の高校も、冷遇されていくようになった。
その結果、いまの日本はこのざまです。
…日本経済を立て直すためには、まず工業系の高校を立て直していくしかない。
ものづくりの精神を育てていくしかない。
…今回新設されるこの工科高校では、
現場からの声を生かしていろいろな新しい制度を導入し、
最新の設備と指導陣を用意した。
また、就職率は、合併する以前から百パーセントだったが、
新設校では、半数以上の生徒を大学に進学させたい…。

(あ~あの熱血講演会の生の迫力は、とても伝わらないよ~~)」

とにかく、感動しました。
(おまえ、プロジェクトXに弱いだろうって?
はい。はっきりいって、めちゃめちゃ弱いです)

でも、この講演が効いたせいかどうか、
とりあえず受験の競争率が県下で一二を争うくらい高くなってしまい、
当然、 入った一年生のレベルも、相当上がったという話です。

入学手続きの日に
いきなり「作業服の採寸」があったのにも驚かされたけど、
見学会にいって、ますます驚かされ、
そして楽しみになりました。
二年生に進級するとき、電気系、化学系、機械系のいずれかの系を選び、
三年では、さらに専門的なコースに別れてみっちり勉強するそうです。
私たち夫婦が納めた県民税を、たっぷり取り戻しておくれ。

横で話をきいてた次男に、
「あなたもいったら」と、まじですすめました。そしたら、

「やだね。おれもう決まってるから」
「へ?」「横浜高校いって、甲子園!」「………」
ああ、こいつらの無限の可能性ときたら。
こわいので、長女にきくのはやめました。
三歳になる三男がなりたいのは、なあに?
「え~とね…おもち。」
別の意味で楽しませてくれます(笑)

« ころもがえだ~  03/06/26 | トップページ | 夏はラテンで  03/07/02 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工科高校の見学会 03/06/30:

« ころもがえだ~  03/06/26 | トップページ | 夏はラテンで  03/07/02 »

無料ブログはココログ