« 「日本の面影」  03/08/04 | トップページ | こどもと大河ドラマ  04/01/14 »

「冒険ごころ」を忘れずに  04/01/07

新しい年が始まりました。本年もよろしくお願いいたします。

帰省先から戻ったら、
「新刊を読んだよ」というた~くさんのメールが届いておりました。
本当にありがとう!

お正月にNHKで、
韓国の名指揮者が小学生たちといっしょに
『運命』を演奏するという、すばらしい番組をみました。
彼は
「客席で曲を聴いているひとに気持ちが届くことが一番うれしい」
といわれていましたが、
私も同じ。
読んでくれたひとに、
こちらの気持ちが伝わったなあと実感できたときが、一番うれしいです。
だからみんなからメールや手紙をもらうと、
本当に励まされます。

「練習はいいけど、本番になるとうまく弾けないがどうしたらいい…」
という子供の悩みに、
彼は意外にも
「冒険」ということばを使って、暖かく答えていました。
うむ。いいことばだなあ。
なにも、ヒマラヤや南極まで行かなくたって、
冒険はそこらへんに、私たちの手の届くところにあるんだよね。
思い起こせば私が処女作『マリア』を書いたのも、
ちょっとした冒険心からでした。

ということで、今年の榛名は初心に立ち戻ろうと思います。
合言葉は、「冒険心(ぼうけんごころ)」
今年もよろしくね。

« 「日本の面影」  03/08/04 | トップページ | こどもと大河ドラマ  04/01/14 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「冒険ごころ」を忘れずに  04/01/07:

« 「日本の面影」  03/08/04 | トップページ | こどもと大河ドラマ  04/01/14 »