« 桜木町の駅  04/01/30 | トップページ | はじめてのバレンタインデー 04/02/16 »

リウマチvs冬将軍  04/02/09

ごく初期の「関節リウマチ」らしいと診断されて半年。

本当に摩訶不思議な病気です。
でも、蛇口をひねればお湯が出る時代で、本当によかったよ~。
とにかく冷水がだめ。
体中の関節がいっせいに悲鳴を上げて泣き出します。
それに、いまはインターネットのおかげで、
専門のお医者さんのいろいろな意見を見比べることもできるし、
同じ病気の仲間と交流もできる。
(でもパソコンに向かうのは一日30分が限界)

手指が痛くて不自由なのには、だんだん慣れてきました。
いや、最初はどうなることかと絶望したけれど、慣れるもんだ。
微熱があるくらいで元気な日もあれば、
すっかり寝込むほど体調が悪い日もあって、
この波が、なかなか読めない。
寒いからだめだというわけでもないし、雨のせいでもない。
湿度でもない。
気圧の変わりめのせいかと思い、
気圧配置図とにらめっこするようになりましたが、
どうもよくわからない。
この点、同じ関節リウマチ患者でも、ずいぶん違うらしいです。

で、ごく最近気がついた。
私の場合、体調が悪くなり始めたころ、
必ず天気予報で登場することばがある。
「寒気団」とか「冬将軍」。
だから気象予報士さんがシベリアあたりを指しながら、
にこやかにこのことばを使って解説を始めたら、
どこかで私が泣いていると思ってまちがいない(笑)

っていうか、自分の体の中に、
はるかシベリアの寒気団が近づくのがわかるシステムがあるということに、
すごく驚いてます。

関節リウマチって、本当に不思議な病気です。

« 桜木町の駅  04/01/30 | トップページ | はじめてのバレンタインデー 04/02/16 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リウマチvs冬将軍  04/02/09:

« 桜木町の駅  04/01/30 | トップページ | はじめてのバレンタインデー 04/02/16 »