movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月の17件の記事

泣けました… 04/10/28

寒いです。あわててベンジャミンとポトスを室内へ入れる準備。
ここだってこんなに寒いのに、本当にあの男の子、四日もよくがんばったね。
たまたま生中継でみてました。生存反応があるってことだったけれど、とても信じられなかった。
だから、抱き上げられたのを見たときは、泣けました。
NHKの男性アナウンサーも、直後、ちょっと涙声になっていたような。

そして、あの山が崩れた現場で、震度4がきても逃げないハイパーレスキュー隊に、ただただ感動。
すごいなあ。
男の子、早く元気になってくれますように。地震、おさまりますように…。

ojigisou.jpg
『おじぎそう』がふしぎでならないうちの三男坊。

『ベランダー』のコラム 04/10/27

朝日の水曜夕刊、「ベランダー」であるいとうせいこうさんの
コラムが毎週楽しい。思わず「うんうん」とうなづきながら、読んでしまう(笑)

私も、台風を機会にゴーヤにおさらばした。
結局、今年も、食べさせてはもらえなかったけれど、玄関アーチを元気に涼しく覆ってくれて、ありがとう。
来年は、種も苗も買ってくるつもりはないよ。(うちでは食べられる実がならないと、はっきりわかったので)
でも、今年のように、またこぼれ種のちび芽がすくすく育ってきたら…?どうしよう。
(あなたなんか、育てないからね、とは、いえないだろうなあ)
goya8.jpg
ありし日のゴーヤ。
たぶん日当たりが足りないせいで、このあと緑にならずに黄色くなって割れ、真っ赤な種をあたりにこぼす。
これが結構よい種で、翌年必ず芽を出して茂るのだけど、食べるところまではいかない…残念。

乾燥牛糞!   04/10/26

『趣味の園芸Q&A』で、柳宗民先生が薦めていたのが牛糞。
腐葉土3:赤玉土6:乾燥牛糞1が、ヴィオラにいいそうだ。
よおし、ホームセンターに買いにいくぞ~待ってろ牛糞♪

ことしはあちこちからベゴニアが出てきてくれてうれしい。
でもふしぎ。去年、こぼれ種ができるほど、ベゴニア咲かなかったのになあ。

あ、そういえば、去年の春、ベゴニアの種を買って蒔いたのに、ぜんぜん芽が出てこなかった。
あの種が、一年経って、芽を出したとしか考えられないんだよね。
そういうことって、あるよね。
begonia1024.jpg
どうだっていいじゃない、と、虫さん♪

こぼれ種のちび芽♪  04/10/25

これ、何の芽だっけ?と思っていたんだけど、
本葉が出てきて、やっと思い出した。
mitsuba1024.jpg
ほら、「三つ葉」だよ。
数年前にスーパーで買ってきた根三つ葉の根っこを植えたのが、
どんどん成長し、毎年茂ってくれる。元気な根三つ葉を買ったら、ぜひお試しあれ。

毎朝、どこからどんなこぼれ種が芽を出しているか、見て回るのが楽しみ。

habotannkamomiiru1023.jpg
葉牡丹の黒ポットに、ジャーマンカモミールのちび芽。

viora1023.jpg
大好きなヴィオラ。まわりの細いのはかすみそうの芽。

cyeriiseji1023.jpg
チェリーセージ。こんなにチビなのに、しっかりと香る。

kinnrennka1023.jpg
ナスタチウム…う~む、この子、これからどうなる?

wasurenagusa1023.jpg
この鉢は、このままわすれな草の鉢になりそうかな。
(でも、ノースポールのちび芽もずいぶんあるね)

みんないい子で大きくなあれ♪

焼き芋!  04/10/24

テレビで地震の被害状況をみていたおとう、
いきなり「おい、芋を焼くぞ」
中一の次男が、はじめて火をおこす。
yakiimo21024.jpg
ひょっとすると、
炊き出しの訓練だったのかもしれない。
(焼いたのは、DIYで出た木の切れ端)
yakiimo1024.jpg
村川さんに送ってもらったおいも、もちろんおいしかった~♪

仕事で、小千谷市の娘さんから手紙をもらったことがある。
どうかひどい被害にあっていませんよう…。

『レインマン』   04/10/23 

スターチャンネルやwowowでは、
全然知らなかった映画を、途中から偶然みて、
「はまった~!」なんてことが、ごくたまにある。
途中からみた『レインマン』、ダスティン・ホフマンの演技にはまった。
『クレイマークレイマー』のお父さんであることは百も承知で、はまった。
でも、今回最初から見てはまったのは、トム・クルーズ。
なんて嫌な男。それが、自閉症の兄に出会って、どんどんかわっていく。

出だしからかっこよくて、最後までかっこいい映画ももちろんいいけど、
私はこういう、人間がなにかに出会って、かわっていく、
そういうのをじっくり無理なくみせてくれる映画が好きだなあ。
hamagiku1022.jpg
浜菊。さすがは日本原産、海岸大好きの花。
度重なる台風でもめげなかった。
庭の住人になって四年目くらいだけれど、
今年ほど咲いてくれてうれしい年はありません。

羽を休めて…04/10/22

久々の晴れ。忙しい。
主婦も忙しいが、虫たちも忙しく飛び交っている。
マリーゴールドに、くたびれた様子のもんしろちょうちょ。
このマリーゴールド、もうおしまいだなあと思ってたんだけど、
抜かないで、本当によかった。
しばし、蝶を眺めて、時を過ごす。

台風、たいへんだったね。
marigoldcyou1021.jpg

眠れぬ夜を過ごし… 04/10/21

布団の中で、息をひそめて、嵐が過ぎるのを待つ。
るりまつりは…バラは…クレマチスは…。
雨が容赦なくたたきつける音。
なにかが吹き飛ぶ音をきいて、
あ、セルトレイがひっくり返った!…と思ってしまう。
人間なんて、ほんと、なんにもできない。
自然の力の前に、なすすべもない。
この、なんにもできない存在。

朝、どきどきしながら、雨戸をあける。
あ~ありがとうございます、と、思わず感謝したんだけど、
いったい誰に、感謝したんだろう。
hamagiku1021.jpg
羽を休めている虫さんを驚かせないように…そっと一枚。
台風が去るのを待っていたかのようにひらきはじめる浜菊の花。
おまえは賢い。 

セルトレイ避難完了! 04/10/20

いま、庭でいちばん台風に弱いのがこれ、セルトレイのちび芽たち。
ちび芽たちが、風でどうこうなるわけじゃなくって、
セルトレイごと、ふっとばされていってしまう…。
セルトレイって軽いんだもの。
とりあえず、玄関先に避難完了!

いちばん上の双葉は、我が家に初お目見えの『紫花菜』。
庭の佳き住人になってほしい。
二段目から下は、ほとんどヴィオラ。
hinann1020.jpg
双葉をまびくのが、超苦手な私。種は、必ずセルトレイに一粒ずつ蒔く。
セルトレイは、この黒いケースに入れておくと、水はけも良くなるし、
特に、こういう時に助かるんだ。運びやすいし、こんなふうに重ねられるし。
なんてったって、この黒ケース、ただでもらえるしね♪
(はて、この黒ケース、花やさんはなんて呼んでいるんだろ??)

でも、お日様が恋しくてひょろひょろしてしまうから、
こうして置いておけるのは、せいぜい二日が限度。
だから台風23号よ、とっとと行っておくれ。
みんな台風にはもううんざりしてるんだから、
あんまりひどい被害を残していかないでね。どうかお願いします。

ナスタチウム復活! 04/10/19

この夏は、とにかく暑かった~。
トレニアたちにはうれしかったようだけど、
ナスタチウムには、過酷すぎたみたいで、
すっかりめげてた。
でも、このところ、めっきり涼しくなってきたものだから、
ほら、またこんなかわいい花を咲かせてくれはじめた。
kinnrennka1018.jpg
でも、また台風なんだよね~。
先日の22号では、4mくらいあったシンボルツリーのローリエが、
根っこから倒されてしまった。
今度は、なんともありませんように…。
そんでもって、もうすこし秋晴れの日を、
我等に与えてくだされ…。

ちび芽に癒されて  04/10/18

Viora1018

あいさつは必ず、
「すごかったね~」「おたくは大丈夫だった~?」

台風騒ぎのあと、なんだかぼうっとしてしまい、
ずうっと庭に出る気になれなかった。雨だったし。(台風一過もなかった)
とにかく、変てこな十月です。
梅雨時より、たくさん降っているような気がするんですけど…。

でも、昨日久しぶりに晴れて、庭に出たら、
こんなちび芽が、あちこちにたくさん出ていて、うれしかった。
台風に引きちぎられて、
ほとんど根こそぎ持っていかれてしまったペチュニアのプランターのすみに、
こぼれ種のヴィオラです。何色かなあ。

庭は傷ついたけど、くよくよなんかしていられないよね。
また、種からはじめればいいんだ。
え?また台風が来てて雨ぇ? 勘弁してよ~。

今日の午後は、次男(中一)の三者面談。
「告白しておいたほうがいいこと、何かない? あったらいまのうちだよ」
「ないない(笑)」
ほんとだろうねえ兄さん、こっちはどきどきだよ。

台風で避難  04/10/12

ものすごかったです。台風22号。
市役所の防災課が避難するよういってきたのが、金曜日。
Hinann
我が家は、南向きの、なだらかな斜面の中程に建っている。
三段上と、四段上で造成工事(九軒建つそうだ)を、
先月末から、派手にやっていた。
大型ショベルカーでがりがり掘り起こしたところに、先週からの長雨。
掘り起こした土砂が、二軒上のげんき君のおうちに崩れてきた上に、
あろうことか、
五軒上のTさんのお宅が、
造成中の空き地をそのままずるずるすべりおちてくる恐れがでてきたところに、
「最強」の台風22号が、直撃。

なにを持って避難するか。

かわいいちび芽をだしたばかりのヴィオラたちのことを必死に忘れるようにしながら、
17年間子どもたちを撮りためた8ミリビデオテープと、
四冊の母子手帳だけ持ち出した。
次男は新人戦が近いので、ユニフォームとグローブ。

そして、台風がきた。
あんな暴風は、生まれて始めて!

台風が去って、家があるのをみて、まず一安心。
でも、庭をみて呆然。
シンボルツリーだったローリエが、根っこから持ち上げられて倒れている。
根元に植わっていたクリスマスローズやシランも地面から浮いている。
台風の中心が、ほんのわずか南を通ったから、北から風が吹き下ろしたのだ。
でも、風が吹いたのは、ほんの一時間ほどだったのに。

気をとりなおして、とりあえず、4、5メートルあったローリエを、半分弱に切りつめる。
被害がどんなものかと、みんな外をうろうろしているので、
どんどん葉っぱを持っていってもらう。
それでも大きなゴミ袋が8袋、ローリエの枝や葉っぱで一杯に。
太い幹は、お向かいの農家で燃やしてもらう。
お向かいも、裏の斜面が崩れているそうで、人を頼んだそうだ。大変だ。

ぶっとんでしまい、ないものと覚悟していたセルトレイのちび芽たちは、
なんとか無事。ほっ。
でもサフィニアは、ない。トレニア、サルビアは、どこまで立ち直れるだろう。
倒れながらも、ローリエの木が、
他の花たちを風から守ってくれたのが、よくわかる。
ローリエがなかったら、もっとひどいことになっていた。

庭は、すっかりさっぱりしてしまった。
緊張感が一気にゆるみ、みんな饒舌。急にご近所と仲良くなる。

ハーブという種類はない。04/10/08 

Habotannme0928
葉牡丹の赤ちゃんたち。
赤と白が混合された種を買ったんだけど、なぜか赤が多い。
台風にそなえて移動。
今回こそ、被害がでませんように。

さて、金曜の朝は「趣味の園芸Q&A」
今日の特集は「ハーブ」
いろいろな「ハーブ」について延々三十分以上Q&Aがあり、
最後、やぎゅうさんが「ハーブ」のまとめに入り「ハーブとは?」と、きくと、
柳 宗民先生きっぱり、
「ハーブという種類は、ありません」(笑)

柳先生大好きです。
カラミンサがハーブなのかどうか、気にするのやめます。
先生が登場する、土曜早朝のラジオ「お楽しみ園芸」毎回聴きたいなあ。
あしたは朝五時半すぎに、起きるぞ~。

最強のガーデニンググッズ 04/10/05

花が終わったあとの鉢の土は、
根っこなどを取り除き、しばらく放っておいてから、
腐葉土と赤玉土、元肥などをまぜこんで、また使っています。
こぼれ種が芽を出すことに期待♪

しかし、土を置いておく場所が困りもの。

で、数年前から、これが便利だと気づいて、重宝してます。
これ↓
Babybath
そう、ベビーバス

これ、スコップ片手に土をざくざく混ぜ合わせるのに十分な大きさ、深さがあり
頑丈で、その上、底に水抜きの穴まであいています。
な~んてすばらしい!

ベビーバスは、こぼれ種系ガーデナーにとって最強のガーデニンググッズ。

まず、処分する鉢を、ひっくり返して、
土を全部このベビーバスの中にあけます。
(にっくき虫類は、この段階であらかた捕殺)

鉢底用の土(赤玉土の大粒)もふるいでわけたりせず、
シャベルでざくざくと混ぜ込んでしまいます。

土は、通りかかるたびにシャベルでかきまぜて、
そのまま、できるだけ寝かせます。
(ここでもう芽を出してくる、したたかなこぼれ種もある)

そして、腐葉土と赤玉土(小粒)、元肥(マグアンプなど)、
苦土石灰を足して、再利用。

(でも、苗がなにかの病気にかかったようだったら、
土は、鉢ごと捨てたほうが無難だそうです。念のため)

実は、このベビーバスの底の方には、た~くさんのミミズ君たちが住んでいます。
シャベルでちょっとほじくると、うじゃうじゃ出てきます。
ですからうちのプランターや、大きな鉢には、
それぞれ2、3匹ずつのミミズ君たちが、配備されるようになっています。

すご~く小さな種をつけたまま枯れた苗、
(たとえば、かすみ草、ネモフィラ、アリッサムなど)
は、枯れた苗ごと、ここの土の上にしばらく置いておき
そのまま風化させます。
この土を再使用すると、
こぼれ種の芽が、思わぬところからたくさん出てきてくれて、うれしくなります。

しかし、あくまで、期待してはいけません。
まったく期待してないところにひょっこり芽がでてくるのが、こぼれ種のうれしいところ。

そして、もしも、見慣れないちび芽をみつけたら…。

「なんだろうなあ」と、わくわくしながら、しばらく様子をみます。
まあ、たいがいは「なんだぁこれ?」って感じの「雑草??」で終わります。
でも、たま~に、思わぬめっけものがあったりするから、
こぼれ種系ガーデニングは、やめられない…。

ピーマン大好き五歳児 04/10/05

これはけして「やらせ」の写真ではありません。

カラーピーマンが完熟するのを待ちかねたあげく、
生でかぶりついて、種までたいらげる五歳児。
好きなんだなあ、ピーマン。「甘~い♪」んだそうです。
Pimann1013
近所の高校が出場したのでみた『男子シンクロ大会』
はまった~。
『ウォーターボーイズ2』ドラマはみてなかったのだけれど、
昨夜の制作裏話「五段やぐらができるまで」には、また感動!
ぎりぎりのところで湧き起こる一所懸命!いいぞ、日本の青少年!

ほていあおいダブル咲き 04/10/03

Hoteiaoi1003
ほていあおいが、ダブルで咲いてくれました。
ふしぎな美しさ。一日でしぼんでしまうのが、ほんとうに惜しい。

こぼれ種のインパチェンス 04/10/02

Innpa1002

勝手口の横に、資源ゴミを入れておく大きなboxがあって、
ブロックを台にしてあるのだけれど、
その二つのブロックの間にでてきた、こぼれ種のインパチェンス。
液肥はあげていたけど、まさか、ここまで大きくなってくれるとは。
北西向き、下はじゃり。上には棚があって、雨があたらない。

パラリンピックに出場したある選手。
「どんなひとにだって、『事情』って、あるじゃないですか」

そして、イチローの試合。
いろいろなものに、元気をもらって、幸せな秋晴れの一日。
(三男坊は運動会の鼓笛隊で、
お友達といっしょに、みごとな演奏をみせてくれるし)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

無料ブログはココログ