movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« ヴィオラ種まき まだむ流 04/11/27 | トップページ | なんの芽だろう  04/12/01 »

七五三おしまい  04/12/01

icyou1124.jpg
平塚八幡宮の銀杏です。

うちには、四人の子どもたちがいます。
この九月に、四番目の子が、五歳になりました。
これは私にとって、とても記念すべき日となりました。
なぜかというと、
実に、17年ぶりに、
家族の中に、四歳以下の子どもがいなくなったのです。

だってほら…次男が産まれたとき、長男は3才、
三人目に長女が産まれたとき、次男は4才、
そして、一番末の三男が産まれたとき、長女は3才。

子育てしたことがある方ならおわかりと思いますが、
家族の中に、四歳以下の子どもがひとりでもいるということは、
けっこう大変です。
これがなんと、十七年も続いたとは!

八年前からは、在宅でとんでもなく忙しい仕事をはじめてしまい、
そんな中で、長女と三男は産まれて育ちました。

先日、最後の七五三のお参りに行きました。
この子のお礼はもちろん、
四人の子たちが、ここまで無事に育ち、ほんとうにありがとうございますと、二礼二拍一礼。

その夜、
ポケモンの絵本を三男坊に読んでやりながら、
長女の九九の練習につきあい、
野球少年(次男)のユニホーム一式を洗ってから、
大学受験センター入試の攻略法を、長男と練る…。

確かに言えるのは、こどもが四人もいると、退屈しないということ。

ほんと、
たまには退屈してみたい…(笑)

« ヴィオラ種まき まだむ流 04/11/27 | トップページ | なんの芽だろう  04/12/01 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七五三おしまい  04/12/01:

« ヴィオラ種まき まだむ流 04/11/27 | トップページ | なんの芽だろう  04/12/01 »

無料ブログはココログ