movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の3件の記事

こぼれ種のちび芽たち、その後♪ 05/04/19

よい季節になりました♪
どちらを向いてもいろんな花が咲いていて、思わずにこにこしてしまいますが、
去年の秋、ブログで紹介したこぼれ種のちび芽たちも、今、こんなにたくましく咲いてくれています。

wasurenagusa1023200(10/23)→wasurenagusa1023a0419
ペチュニアが、台風で根こそぎ飛ばされてしまったあとに、わすれな草とノースポール、ヴィオラのちび芽が。
雑草だけ抜いて、液肥をあげていたら、いま花盛り♪

kobore1104200(11/4)→kobore1104a0419
サルビア(ファロアミックス)の根元にわすれな草、チェリーセージ2本、かすみ草、ヴィオラのちび芽。
サルビアは冬枯れしましたが、こぼれ種のちび芽たちは全部元気に成長中。
この鉢は、夏以後、チェリーセージの鉢になりそう(笑)

korehanani1006200(10/06)→korehanani0419
チェリーセージとアリッサムは消えてしまいましたが、ノースポールとわすれな草はこの通り。
右手前のかすみそうも、5月には花盛りになってくれるでしょう。
この3種とヴィオラが、我が家の「こぼれ種四天王」です。たくましい!
でも中央の元気なのは、雑草でした…やっぱり(笑)
(奥に、種まきアプリコットアンティークを植え足しました♪)

tanemakiura200(10/23)→cyeriiseji1023a0419
これは「まだむ流手抜き種まき」のプランターです。
タキイの「小パンジーナチュレ混合」の芽がでそろった右手前に、チェリーセージが!
いま、花に埋もれそうになりながらも、元気です。左隣にカモミールもでてるね。

kobore1102200(11/02)→kobore1102a0419
休眠中のすずらんの鉢に、わすれな草と、たくさんのヴィオラ、かすみ草が…。
無事にすずらんの芽が出てきてくれて、とりあえず、ほっ。でも大丈夫かなあ。

kobore11043200(11/04)→kobore11043a0419
プリムラマラコイデスとジャーマンカモミールもこぼれ種の定番。
でもこれはもともと、マリーゴールドのプランターなのです。
花がらを置いたので、もう少し暖かくなると、こぼれ種から芽が出てくる予定ですが…?♪
いえいえ、
期待して待ってはだめなのです。これが、「こぼれ種道」のむずかしいところだ…(笑)

処女作 05/04/05

2週間ほどかかっていたゲラを、昨日、返送しました。
なんのゲラかというと、これがなんと『マリア』なのです。
こんど、講談社F文庫から、あらたに出版されることになりました。

『マリア』は、95年に書いた、私の処女作です。
うれしいことに、長~くみなさんに愛していただいています。
本当にありがとうございます。ということで、
あまり手を加えすぎない方がいいかなあと思ったり、
わかりやすく書き直したいと思ったり…
(手を加え出すと、きりがないということも、わかってるし)
ゲラ直しは、なかなかむずかしい作業となりました。

ひえ~っというような初歩的なミスも多々あり、
ちょこちょこ直しました。
あと、読み返すうちに数カ所、
どうしても書き足したくなってしまい、
結局、十数ページ分の文章を増量して、出版ということになりそうです。

「やっぱり『マリア』が一番好き」
というお手紙をたくさんいただきます。
すごくうれしいけれど、ちょっぴり複雑でもあります。
だってさ、少しは成長したいなあと思いながら、
あとの作品も、がんばって書いてるのよ。
なのに、やっぱり『マリア』なのかなあ、と思うから、複雑なのです。

でもね、
昔、編集さんにきいたことがあるのですが、
「作家は誰でも、そのひとの処女作をこえることはできない」
と、いうことばがあるそうです。
う~ん。かもしれない。

ま、しょうがないかな(笑)

ということで、『マリア』の2005バージョン(笑)は、
六月末ころ発売の予定です。
しっかり日程が決まりましたら、また報告しますね。

救いのムスカリ 05/04/03

_002球根ものは、超苦手。
咲いた後の球根が捨てられなくて…だから、花の咲かない小さな球根を、たくさ~ん育ててます。ああ、いつかは咲いてくれるのかしら(笑)自信なくすなあ。
でも、このムスカリだけは、別。
プランターにうえっぱなしでも、毎年ちゃんと咲いてくれるので、ほんとに救われます。
そして、ムスカリの葉っぱが枯れたあと、このプランターには、こぼれ種のヴィオラが咲いてくれて、そして、ヴィオラのあとは、こぼれ種のトレニアがきれいに咲いてくれます。そして、トレニアが枯れるころ、またムスカリの芽があがってくるという、お手入れいらずの、すばらしいリレーをみせてくれます。写真

musukarihachi0403
手当たり次第に花に顔をつっこむ蜂さん。忙しそう。
見ていると時間を忘れます。

musukari0403
4、5年して、みるからにぎゅうぎゅうになったら、植え直し。
子供の球根がどんどん成長してくれるので、増やすのも容易です。
てな感じで、十年以上持っているムスカリなので、品種は不明。
例によって、「咲いてくれれば、ま、いいや♪」なガーデニングです(笑)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

無料ブログはココログ