movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 「だめもと」ブルーサルビア 05/06/11 | トップページ | これがバラ熱?  05/06/14 »

パーパ! 05/06/11

vatican0610
編集部からまとめて送られてきたお手紙の中に、
一目みて、「ひえ~」
パーパ!

このはがき、
ヴァチカン美術館のピッツェリアの中で書いて、
そのまま投函してくれたらしい。
ヴァチカンの消印だ! パーパ(法王ヨハネパウロ二世)の切手だ!

カトリックでもなんでもない私がこんなことを書くのは
とっても不謹慎にきこえるかもしれないが、
私は、この人が、とても好きでした。
だから、
死期が近づき、欧米報道が特番体勢に入ると、
ず~っとCNNを、見続けていた。

幸い、パーパ(法王)が危篤だと発表されてからも、
パーパはなかなか亡くならず、
特番は延々と続き、
おかげで、パーパの懐かしい映像、パーパと交友のあったひとの話が、
延々と続き、
パーパのやってきたことが、くわしく紹介されて、
私は、とっても満足だった。
ニュースキャスターとゲストが
”he was a handsome guy,wasn't he?"
"sure,he was ! "
なんて会話をなんどもするのが、うれしかった。

だから数日間、ずうっとCNNをみていた。
葬儀にいたるまでも、葬儀中も、葬儀が終わってからも。

「ねえ、これ葬式でしょ?ごはん中はよそうよ~」という
子どもの泣き声もなんのその。

CNNも、いろいろわかりやすく解説してくれたし、
なにより、
中世以前にもどったような、ふしぎな儀式としきたり、
建築、服装、装飾品のオンパレードを、
見逃すことはできない。
重ね重ね不謹慎な発言で、まことに恐縮だが、
こんな機会じゃないと、みられないものばかり!
「ねえねえすごいと思わない?
このスイス兵の制服は、ミケランジェロがデザインしたんだよ」
「…」

ようやく熱が冷めかけたところに、
いきなり、このはがきが舞い込んできた。

パーパ、
「漁師の指輪」をはずしたあなたが、
いまも私たちを心配そうに見守られていることがわかります。

でも、世界中で、特に、若い人たちが、
あなたのしてきたことをたたえて、拍手し続けました。
平和をねがうひとがこんなにたくさんいるということを、
実感できました。
けして忘れません。

戦争は、人間のしわざ

(で、このはがきを編集部あてにくれたC子さん、
メール戻ってきてしまいます。連絡乞う)

« 「だめもと」ブルーサルビア 05/06/11 | トップページ | これがバラ熱?  05/06/14 »

コメント

Mercyさま、丁寧にありがとうございます。

そういえば、私アメリカ留学中に黒いポケット英和辞典を、教科書と一緒に持ち歩いていたのですが、
これをよく聖書と間違われて、
「クリスチャンなら、今度聖書を読む会に参加しなよ」とさそわれ、
結局ことわりきれず、参加して、結構おもしろい友人ができましたが、
さて、あれはいったいプロテスタントだったのか、カトリックだったのか…(笑)

いまだに、国際欄などの「法王がなになにした…」なんて記事には、
めざとく反応してしまうのですが、
ベネディクトという名前をみるたび、
「そうだ、パーパじゃなかったんだ」
と、先代を懐かしんでいます。
マザーテレサと、いったいどんなこと話されてるのか、
オンラインでつないで中継してもらいたいなあ(笑)

いまさらですが。。。
アメリカがカトリックの国というのは
ちゃいますねん。
アメリカは、プロテスタントの国です。
アメリカでは、カトリックは差別されて
来た歴史があります。
アメリカで、「クリスチャンです」といったら
たいがいみんなプロテスタントだと思って
話しかけてきます。
でも、カトリックだとわかると、少し
引きます。

アメリカの成功する人はWASP。
ホワイトアングロサクソンプロテスタント。
歴代の大統領は、ケネディ大統領を除いて
全員がプロテスタント。
ケネディ氏も、「あいつはカトリックだから
絶対無理」といわれていたくらいです。

もちろん、アメリカのどこの街にも
カトリック教会はありますが、
貧しい移民向けが多いのがカトリック。
メキシコやイタリアなどの移民たち。

パーパの懐かしい話から、このコメント
を読んで、話はずれましたが。。。
パーパ最高です!
仲良しのマザーテレサとともに、
見守ってくださっていることでしょう。
Mercy

きゃ~c子ちゃんだ。
メール了解です。ではまたのちほど♪

まだむこぼれだねさま、おはようございます。
う、噂のC子です…記事に気付くのが遅くなってしまって申し訳ありません…昨夜yahooメールの方にメールさせていただきましたのでよろしければご確認下さい~

RAYさま。
そうそう、ABCやCNNがずうっと法王危篤の特番を続けていた時、
NHKの七時のニュースは、桜前線や甲子園…。
平和であることは、ありがたく思いましたが、世界中がこんな雰囲気でいるってことを、
日本だけ知らなくていいのかなあと、ちょっと心配に…。

世界史では「教皇」と教わってたりするから、
「法王」とややこしいですよね。
そういえば『ゴッドファーザーpart3』も、法王暗殺ものでした。

コンクラーベに集まった枢機卿が、いろんな前歴の持ち主だという記事がおもしろかったです。
みんないろいろあって、神の道に入ったんだなあ。

ネストリウス派の話おもしろそう。「街道をいく」ですか?

こんにちは.

前回アメリカに来たときは飛行機の中で「教皇暗殺」なんて物騒な
タイトルの小説を読んでいたのですが(事実をベースに大幅に脚色),
到着してみるとテレビは教皇一色.びっくりしました.

ホテルの隣にカトリック教会があったのですが,ここでもミサが
開かれていて,その様子がテレビにも映っていました.

アメリカってカトリックの国なんだな~ってつくづく感じました.

ちなみにカトリック教会のホームページを訪ねてみると,「法王」では
なくて「教皇」と呼んで欲しいと書かれていますね.NHKを始めとする
ほとんどのメディアが「法王」と呼んでいるのであまり知られていない
ようですが.

ドイツから教皇が選ばれたのもびっくりで,ドイツでカトリックという
イメージはほとんど持っていませんでした.

司馬遼太郎の著書でネストリウス派の帰化人が7世紀に日本に来ていたのでは
ないかという記述があるのを見つけてまたびっくり.京都大秦の三柱鳥居が
それに関係があるのではないかと(三柱鳥居はダビデの星をイメージしたもの
という説も有力).

まだまだ勉強すべきことは多いです.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パーパ! 05/06/11:

« 「だめもと」ブルーサルビア 05/06/11 | トップページ | これがバラ熱?  05/06/14 »

無料ブログはココログ