movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 柳先生のペラちゃん♪ 05/06/02 | トップページ | わ、ひまわりだぁ  05/06/06 »

1.29という数字  05/06/03

朝、保育園に到着すると、
もうそこは、子どもたちが群れ遊ぶ子ども天国♪
しかし、三男坊には、遊ぶ前に、
すみれ組の部屋でやるべきことが、3つある。

1.カバンの中のタオルを、タオルかけにかける。
2.そのカバンを、ロッカーの中にしまって、
3.ロッカーの中の、黄色い帽子を出して、頭にかぶる。

帽子をかぶって、はじめて外で待ってるお友達といっしょに遊べるわけです。

3月までは、この3つの作業を全部私がやっていた。
でもこの4月に年長さんに上がり、「じぶんでやる!」と宣言した。
偉い!

しかし、お友達が外で待ってる…早く遊びたい…
五歳児の頭の中は、もう遊ぶことでいっぱい!
六月になっても、
なかなか3つ全部を、すらりとできない。

1しかやらずに、飛び出してきたり、
3しかやらずに、飛び出してきたり、
1と2はできたのに、惜しくも3を忘れてとびだしてきたり…

あるときは、ひとつもできなかった!
(お友達が、かえるで遊んでいたから、
その場ですべて放り出して、かえるに熱中!)

これが、一人目の子どもだったら、私はたぶん悩んでいただろう。
なんでこれくらいのことができないの?
集中力がないの?頭が悪いの?
なんでこんなに忘れっぽいの?なにか栄養素が足りないの?
精神集中させる習い事でもはじめなければ…(汗)

自分の忘れっぽさ、だらしなさは棚にあげ、
どうにかしなきゃあと、あわてていたことでしょう。

でも、さすがに4人目ともなると、違うのさ。
子どもってすごい、ってことが、もうわかっているから。
だって、
上の三人で、なんどもそんな場面をみてきた。

昨日ぜんぜんできなかったことが、
今日は、あたりまえのようにできる。
子どもって、すごい。

だから、できなくても、黙ってみてる。
楽しんでるんです。
今日はできるかな。今日こそできるかな。

おそらく、もうすぐ、
1から3まで全部できる、記念すべき朝がやって来る。

しかし彼はきっと、
十年前から毎朝できていたかのように、
あたりまえの顔をして、黄色い帽子をかぶってとびだしてくるにちがいない。

私は、子育てを楽しむ。
今日はできるかな。今日こそできるかな…。

<結論>
ひとり育てると、要領がわかってくるので、
二人目は、悩みが半分になる。
三人目は、悩みがそのまた半分になる。
四人目は、悩みがそのまた半分に…。

お金に関していえば、
必要がないとわかる玩具や育児用品は買わなくなるし、
無理して習い事をすることもなくなる。
お下がりもあるから、
育児費は、一人目ほどかからない。

だから、
二人目を産もうかどうしようか迷っているお母さんには、
とりあえずそばにいって、そっといってあげたい。
「苦労も育児費も、いまの二倍かかるようになる」と思うのは、
間違いですよ、と。

そして楽しいことは、間違いなく、二倍以上にふくらむ。

ひとり育てて、かなり要領がわかってきたんじゃない。
手を抜くこつも、楽しみ方も、だんだんわかってきたでしょ。
そんなあなたが、二人目をうんで楽しまないのは、
もったいないと思いませんか。

(合計特殊出生率1.29という数字に、
あれこれ思ったことを、書いてみました。
ちょっと無責任かな~)

« 柳先生のペラちゃん♪ 05/06/02 | トップページ | わ、ひまわりだぁ  05/06/06 »

コメント

ゆんママさん、心配してますよ。大丈夫?
…って、おいこら~何時に書いてンだ~~。

さておき。
少子化対策、とにかく早く手をうってほしいね。
私は一応個人事業者で、確定申告をするのですが、
「経費」に、保育料が入らないんだよね。
仕事しているからこそ、かかる費用なのに。
「そんなのあたりまえだろう」ってことは、
イコール「乳幼児は母親が家で育てるのがあたりまえ」
ってことになりますよね。
それはおかしい。
私はやはり、ある程度の育児手当を、すべての親に均等に配分し、
それを保育園の保育料に使うのもよし、
家庭で育てたいひとは、それを育児休暇で減らされた分にまわしてもいいし、
家に育児するあい間に資格をとったりするために使うのもいい…などなど、
とにかく、親それぞれの自由に使わせるのが
よいと思ってます。
フランス方式などに学ぶ点が多々あると思います。
不妊治療を含む家族政策全般に、国が金をまわすべきです。
(削れるところはた~くさんあるはず!)

ということで、次はお日様があるうちにくること(笑)

チョコミントさま♪
お仕事お疲れさまです♪
ココログ、夜はかなり重いようですね。
>文章だけではわからないものですね~~。
ほんとです。他のひとについても、
え~ってことが多いかもしれないね。
こちらこそリンクよろしくお願いします♪

ヒメ~♪きてくれてうれしいです♪
ヒメとは家族構成がまったく同じだし、
結婚が早かったのも同じだね。
「友達がおしゃれに気遣っている間も…」
というのは、時代的には、バブル期なんだよね。
友達が毎晩六本木でぴーひゃら踊ってる時、
おむつかえは、つらかったです…(涙)

でもほんと、不思議なほど後悔してないの。
ヒメのいうとおり、よかったことがたくさんあります。

>かかる分だけ、母が賢くなるんです。(こんなヒメでもですよ (笑))

そうそう、そうだよね~。同感です!
(こんなまだむでも♪です)

次男さん、すばらしいです♪
私だったらきっとその場でおいおい泣いてるよ~。
いろいろ思いもかけないことがあるからこそ、
子育てって、おもしろい。
こんなにやりがいのあることって、他にあるかな。

そうそう、ひめおすすめのクリーピア、もうすぐ咲きそうです♪楽しみ~
ひめの庭のお花たち、きれいに咲いてるだろうな。
また今度見せて下さいね。それでは!

まだむ、そして皆さん。頷きながら読ませていただきました。

まだむは、ご承知ですが私も4人の子供に恵まれました。
一人、二人と男の子が増えて・・・三人目に女の子。そして、4番目の男の子。
もう男の子、女の子って呼ぶような年齢では、ありませんが、どの子もまっすぐとはいい難いですが(笑)健康に育ってくれました。

少子化の原因は、さまざまでしょうが、子供を育てることは、「育自」だと思います。
私は幸か不幸か・・・4人とも幼稚園に入園の4歳までは自宅で、私が育てました。
結婚が早かったので、友達がおしゃれに気遣っている間も、おしめ洗いに没頭するという始末。
一人二人と増えていく内に自分の時間さえなくなって・・・。
その時は正直、辛かったこともあります。
でも、今になって気づくことはたくさんあります。

子供の成長を全て自分で確認できたこと。
一日の時間配分がうまく出来るようになったこと。
子供の成長とともにお付き合いの人間関係が増えて、人としての善し悪しについて勉強させられた事。
夫婦の協力が深まった事。

たぶん、まだまだあると思います。
子供が増えることによって、確かに育児費用もかかります。でも、それが2倍3倍にふくれるかというと、そんな事は決してありません。
かかる分だけ、母が賢くなるんです。(こんなヒメでもですよ (笑))

私の友達で40歳に、やっと子供が出来た人がいます。彼女は、生まれるまでベッドで過ごした方が多かったと言っていました。
もう授からないだろうとあきらめていた分、そのうれしさは、計り知れないものだったと思います。私は、彼女の子育てが、「育自」につながってほしい!って願ったのは、言うまでもありません。

私の次男が、この春、「大事な話があるから夜あけといて」と・・
主人と予感は、してたものの・・。
で、なぁ~に?
息子は「彼女のお腹に9月に生まれる僕の子がいるんだ。せっかく生まれようとしてる大事な命。大切に育てたいんだ!」
私、心の中で「うるうる(T.T)」
そのとき、思ったんです。
兄弟の中でもまれて育て上げてよかった!って。結婚もしていないのに、子供が出来たってことを親に報告するのは、誰でも躊躇すると思います。でも、はっきりと親に向かって、自分の気持ちを言えたのは、主人と私の子育ては、時には周りが見えないくらい一生懸命だったけど間違いじゃなかったって事。

私の子供たちは、はっきり言って、まっすぐに育ってきたわけではありません。
時には、線路をはずした事もあります。
でも、その時に、その時こそ、親が子供の気持ちをわかってやれるチャンスがきたんだと思います。まっすぐに育つのが一番です。
時には大人がそうであるように子供だって好奇心ではめをはずすことだってあるはずです。
どうか、その時に「育児」と「育自」を再認識してください。

いろいろ書きましたが、子育てって楽しいです。思う存分味わってくださいね!


こぼれだねさん、
昨夜コメント入れたのですが
送信できなくてあきらめて寝ました。(笑)
私が若く思われていたとはびっくりです!
文章だけではわからないものですね~~。
リンクありがとうございます!
私もリンクさせていただきますね。
HPもリンクさせてもらってもいいですか?
是非お願いします。
さて、今から仕事にいってきま~す。

ただいま二人目を妊娠中なので、皆さんのコメント読ませて頂きました~

確かに子供の数、減ってますよね。
うちの地域では一人っ子って珍しいけれど、
(多いのは二人で、あとは双子二組とか、強者だと5人なんて人も)
少子化の原因は、めいさんと同じように私も結婚の時期だと思うんです。
子供を幼稚園に連れて行くと私と同年代の方は少ないです。
でもみんな、「二人目が欲しいけどできない」って言ってます。
二人目不妊が今、すごく増えている気がする。
年齢のせいなのか、私たちの世代の生殖機能が落ちているのかは分からないんですが…。

結婚の時期が遅くなるのってどうしてだろう、と考えると、やっぱり女性の社会進出なんじゃないかなあ、と思います。
今や女性でも4大に行く時代だし、ストレートに入って卒業しても22。
そこから働いて、仕事が面白くなってきた頃が27くらい。
30前に結婚して、30代前半に子供を一人…っていうのが良く聞くパターン。
現在29才で2人目を妊娠していて切迫早産で寝込み、
「3人目は身体が持たないだろうな」と考えている私は、
二人目を迷う人の気持ちはよく分かる気がします。
初潮が来る年代もどんどん下がっているから、
生殖機能が弱るのも早いんだそうです。

だからぜひ、少子化対策として
「仕事を辞めなくても子供が産める環境」
(子供が3才になるまで育児休暇を取らせてくれるとか、
幼保一環教育を国で受けさせてくれるとか…
育児手当なんていらないから、かかる費用を減らして欲しい!)
「25過ぎたら無料で婦人科検診を受けられる」
「不妊治療の補助」
を国に実施して欲しいなあ~などとニュースを見ながら考えてました。
(だいたい、少子化対策の会議に男性議員ばっかりってのは理解できない…)

しまった、ゆっくり書いていたらこんな時間~
また伺わせてくださいね。

え~ッ!チョコミントさんこそ、
そんなに大きなお子さんがいらっしゃるとは…!
どういうわけか、私よりず~~っと若いと思いこんでおりました(汗)
(私の年齢感覚って、ぜんぜんあてにならない…)
うちは一番上が高三。先週進路説明会でした~。
はじめてなので、こんな場面では、
あいかわらずあたふたしてます。やれやれ…

>3番目ともなれば、何をやってもかわいくて
ハハハ!って笑って育ててしまったので
自由奔放な子になってしまいました。(笑)

わかるわかる!
さらにその上をいく四番目ということで、
うちの末っ子の自由度といったら…
末恐ろしいです!(笑)

二人目を迷っているひとが多いようなので、
大丈夫よ、なんとかなる、と
ささやかながら背中を押してあげたいのです。
いらぬおせっかいかなあ…。

チョコミントさんがブログのリンクにいないことに、
いま気づいた~なんたるまぬけ。
加えさせて下さいね♪

こぼれだねさん、4人のお母さんだったのですね!
そういう私は3人姉妹のお母さんなんですよ。
小さなお子さんがいらっしゃるようだったので
とてもお若いお母さんと思っていたら
案外年が近いかもしれませんね。
(そうはいっても、私のほうが年上でしょうが・・笑)
家は2番目が高3、進路のことで悩んでいます。
でも、こぼれだねさんがおっしゃるとおり
下に行くほど、自分にも余裕ができて
なんだかあたふたせずに受け止められる気がします。
3番目ともなれば、何をやってもかわいくて
ハハハ!って笑って育ててしまったので
自由奔放な子になってしまいました。(笑)
育て方間違えた~と思うこともありますけどね。
3人3様、大変だけど楽しいです。
こぼれだねさんの考えに大賛成、
子育てを楽しみましょう!

misaoさまこんにちわ♪
「子育てって楽しいよね?」というと、
子沢山のお母さんほど、うんうんとうなづいてくれるような気がします。
子が多くなるにつれ、だんだん楽しめるようになるのでは…
というのが私の考え。
しかし、四人とは、いくらなんでも計算外…(笑)

ほんと、何歳になっても子どもはおもしろいよね。
一番上は高三ですが、
大人の会話ができるようになってきて、
またそういうおもしろみがでてきました。
(映画一緒にみて、好き勝手な感想いったりね)

こんな私、孫ができたらどうなるんだろう??

めいさんこんにちわ♪かきこみありがとう♪
そうだね~年齢的な問題がね~(笑)

一人目うんだばっかりなのに、
次の子のことを楽しみに思えるっていうのは、
いまの子育てが、あなたなりに充実してるってことだと思うよ♪
子どもなんてもううんざりと思いながら育てていたら、
赤ちゃんも、自分をみじめに思うよね。

>意外になんとかなるものです
そう!これですよ、これ♪とてもいい感じです。
いろんなことがあるかと思いますが、
どうぞゆったりとかまえて、子育てを楽しんでね。
応援しますよ。あんまりがんばらず、気軽に愚痴をこぼしにきてね。

そういえば、やんちゃで手に負えなかった子が、
下に弟妹ができると、最初はやきもちやいても、
そのうち急にしっかりしたという話は、よくきくよね。
兄弟姉妹がいるってことだけで、
子どもはいろいろ学ぶようです。
あれこれお母さんが苦労してしつけるより、
てっとり早いかもね。

まだ一人目生まれたばかりだけど、同感です。一人目がやんちゃで手に負えないと、一人でたくさん!!っていう人も確かにいるけど、意外と一人目がやんちゃだと、二人目はおとなしかったりと兄弟はバランスとれるようにできているんじゃないかって私的には思ってます。第一、うまれてしまえば意外になんとかなるものです。きっと
それにしても4人はうらやましい限りです。男女2人づつ4人ってのは、親がいらないほどにできているんだとか、保育士さんが学校で習ったと言ってました。
というわけで、3人姉妹で「子供は2人より3人、2人は優劣つけたくなるけど、3人いればいろいろだとわかるからと」言われながら育ってきた私としては、ぜひとも4人の関係性をみてみたいのです。
1人目生まれる前から次のこと考えてたんじゃ、この子に対して失礼かな?と思いながら・・
夫婦2人、2人しか子供作らないとプラスマイナスゼロですからね。ぜひとも3人以上!と言いたいけれど、こうも結婚年齢があがってくると時間が足りなくなってくるんですよね。

無責任ではないと思います。
4人育てたからこその説得力であふれていると思いますよ。
世の中には子どもを切に望んでも授からない人、簡単に育児放棄してしまう人、産まない選択をした人、子育て真っ最中で悩んでいる人そして子育てをエンジョイしている人・・・いろいろいるけど、子育ては絶対楽しいと思います。
少なくとも私の場合は楽しかった。・・・っていうか今でも楽しいです。
もう子育てっていう年じゃないのですが、なかなか子離れできなくて・・・子どもたちってオモシロすぎ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1.29という数字  05/06/03:

« 柳先生のペラちゃん♪ 05/06/02 | トップページ | わ、ひまわりだぁ  05/06/06 »

無料ブログはココログ