movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年5月の14件の記事

みんな「うちの子」  06/05/26

こんもりとたくさん咲くヴィオラもいいが、
ぽつりぽつりと咲く、こぼれ種のヴィオラに、心惹かれる。
今朝咲いていたのは、こんな子たち。
Viora05262_1
カラミンサの鉢のすみっこに咲いた、こぼれ種のヴィオラ。
僕を描くならどうぞ水彩絵の具で色づけしてください。
まわりでかすみ草が咲き出した。

Viora05263_1
るりまつりの鉢のすみっこで。ちょっと頭でっかち。

Viora05264
花壇。ふきの葉っぱの下。
やれやれやっと日がさしてきた。

Viora05265_1
これも花壇。かたばみなんかに負けないわ。

Viora05266
リナリアの種を蒔いた黒ポットに。ちょっと大きめ。
のんびりおおらかな長男坊。

Viora0526
花にらの鉢のすみっこ。ちょっと心細い。
花にらさん、どこへいったの。

みんなこぼれ種です。みんな「うちの子」です。
したたかで、しなやかな姿に、元気をもらってます。

1月始まりの手帳を5月に買う 06/05/25

その日は、
湘南新宿ラインがくるまでまだ時間があったので、
駅ビルに入っている、文房具やさんをのぞいてみた。

手帳売場には、まだ
4月はじまりの手帳がずらっと並んでいたし、
なんと、
1月はじまり(2006年のだよ)の手帳だって、半額で売られてた。
うれしいぞ~。
というのも、
手帳選びについては、ちょっとわがままな私。
昨年秋の手帳選びに大失敗し、
その後もさんざんさがしたものの、
しっくり合う手帳に、いまだに出会えないでいたからだ。
秋の手帳シーズンまでもう買えないだろうなあとあきらめつつ、
いまだに、
こんな処分品手帳コーナーを、未練がましくうろついている。

ふと、
いつも目のいかない、奥の棚までのぞいたら、
そこに、私を待っていた。
株式会社「ミドリ」のprd-7
見開き1週間のバーチカルタイプ。
215×125のスリムだけどしっかりしたボディ。かがり綴じ製本。
とにかく、丁寧な作り。
「こ、これだ~」
Midori06
(ゴムバンドは、そのあと銀座伊東屋でgetしたもの。
休日の赤丸は私が書いた)

半額でなくても、買っていたかも知れない。

ということで、
ようやくしっくりくる手帳をgetできました(笑)
「カバーが真っ赤」以外は、まるであつらえたみたいに気に入ってます。
紙質も上等♪
(この手帳についてはこちらがくわしい)

外国の手帳が優れていると思いこんでいたのは、
ネットの評判を鵜呑みにしたからだ。
反省反省。
国産の手帳だって、こんなにすばらしい。
なにしろ使いやすい。
あ~早く秋の手帳シーズンがこないかなあ。
来年は、最初のページから使うぞ。
(なにしろ前半分が真っ白。もったいな~い)

セントーレア(矢車草) 06/05/23

Yaguruma0512
去年、ちかどんさんのをみてほしくなった矢車草。
昨秋(9/25)に種(タキイの八重咲き混合)を蒔いたのが、花をつけてくれています。
おもしろかったのは、
成長の早い株から順に植え付けていったのだけど、
最後に残った小さな株を植える場所がなくなり、
仕方なく鉢植えにしたのが、ぜ~んぶ白花で、
白花ばかりの寄せ植えになり、
これはこれでちょっとgoodです。
白花の株は小さいんだな。花色混合の種を蒔くときは覚えておこう…

Yaguruma0521
背が高く、倒れてしまうので、切り花に。
ちかどんさんに感謝です。
さてさて、秋にちび芽がでてくるか…?

つぼみでじらす乳白色のアルバ 06/05/20

Aruba05092
朝露にぬれながら、
開こうかなあ、どうしようかなあ、と、
物憂げに考えている(ように見える)
花菱草アルバ。

乳白色の花がほしくて、
去年の秋に、はじめて種を蒔きました。
だけど、
一面に咲いて風に揺れるカタログ(サカタ)の写真とは、
ほど遠い…(とほほ)

みていると、おもしろい。
Aruba05122
かた~いつぼみが、下からぱきぱきっと割れて、

Aruba0512
みるみるひらいて

Aruba0515_1
全開♪

雨が続くので、本当にかわいそうです。
この花に雨は似合わない。
なんとかならんかこの天気。

人は運命から逃れられない 『ポンペイの輝き』その2 06/05/19

Img_pompei
さてさて、
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている、
展覧会『ポンペイの輝き 古代ローマ都市最後の日』に入場。

ポンペイの遺跡は、すごいです。
なにがすごいかというと、
たとえば、
きれいなエメラルドのネックレスが展示してあるとすると、
「このエメラルドのネックレスを持っていたのは、
この街区の、ここらへんで倒れていたご婦人で、
多分、逃げていた途中で、
彼女はその他にも、こんなものも持っていて、
まわりには、こんなひと(たとえば子供とか、奴隷とか)もいっしょに倒れていた」
みたいなことがわかるのです。

もっとすごいことには、
その人の「亡骸」もみることができること。
遺体が、火山灰の中で埋もれ、やがて空洞となり、
発掘するとき型にとると、
うずくまったそのままの姿があらわれるのです。
これは、衝撃的です。
「この人が持って逃げようとしていたんだ」
他の古代文明展では、考えられません。
いままでに1000体を越える「亡骸」がみつかっているそう。

2000年近く前、
確かにこの町で、人々が、それぞれの人生を生きていたのです。
ところが、
西暦79年8月24日昼過ぎ、突然、大噴火におそわれ、
身の危険を感じた人々は、
それぞれの一番大切な財産をもって、なんとか逃げようとしたのです。
親の形見だったかもしれない。

ある男性は、外科医療の器具一式をもっていました。
武器をもっていた男性は兵士らしい。
財布の中にいくら入っていたかもわかります。

高貴な女性が剣闘士宿舎で亡くなったのは、
いったいどういういきさつがあったんだろう。

展示の中でも、
3、4才くらいの子供の亡骸は、目鼻立ちもかなりはっきりわかって、
本当に痛々しい。
いっしょに倒れていた二人の大人は、
おとうさんとおかあさんなのかな。
こわかっただろうね。

貴金属をみるだけでもすばらしいです。
エメラルドがきれいだったなあ。
金細工なんかも、
さっき道玄坂ですれ違った「おねいさん」が身につけていたといわれても、
違和感がないくらい、きれいで斬新。

それに、私の好きなローマ時代の古ガラスをたくさんみることができました。
水差し、香油入れ、髪留め。

もう、
最初から最後まで想像力をかきたてられっぱなし。
頭の中がたいへんなことになります。
素敵なカフェBunkamura ドゥ マゴ パリで図録をみながら、クールダウン。
このカフェはいいなあ――渋谷の隠れ(避難)場所をひとつみつけたぞ。

町が、そのままそっくり封印されたポンペイ。
ぜひ行ってみたい遺跡のひとつです。

庭の中心で、ずぼらバンザイと叫ぶ。 06/05/18

去年、大好きなるりまつりがもたくさん咲いてくれて、
それはそれはうれしかったんだけど、
ずぼらな私は、めんどくさくて、
花がらつみを、あんまりしなかったのでした…。

先日(5月3日)のこと
元気に冬を越してくれたるりまつりの大鉢を
「よしよし♪」とながめていたら、
鉢のすみに、どこかで見覚えのあるちび芽sを発見。
え、え~っ?
Rurichibime05032_2
去年種を蒔いて育てたからわかる、
これって、るりまつりのちび芽だ。こぼれ種が芽を出したんだ。
それも、3つ~~~

思わず、庭の中心で、ずぼらバンザイ!と叫ぶ私。

今日(5月18日)の写真。大きくなったでしょ♪
Rurichibime05033_1
もうるりまつりに間違いありません。
青かなあ。白かなあ。

もうちょっと日がさしてくれれば、
ぐうんと大きくなるんだけどな。
どうにかならんかこの天気。

人は運命から逃れられない 『ポンペイの輝き』 その1 06/05/18

Img_pompei
展覧会『ポンペイの輝き 古代ローマ都市最後の日』の、
開催記念講演会が、土曜日にありました。
解説は、ポンペイ研究の第一人者であり、同展を監修した、
青柳正規・国立西洋美術館館長です。

数年前、
NHKがリビアを紹介した特別番組をみていて、レプティス・マグナという
とても魅力的な古代ローマ遺跡を知ったのですが、
その番組のナビが、当時東大教授だった、青柳先生でした。
シルバーグレイと、張りのあるバリトンが、ダンディーで素敵♪

ポンペイの写真を紹介しながら、
わかりやすく、かつ精力的に解説してくださって、
1時間半が、「あっ」というまでした。
先生が先日発掘された
ソンマ・ヴェスヴィアーナの女性像(ペプロフォロス)の解説もあり、
発掘の裏話もいろいろあり、
おもしろかった~(会場も沸いていた)

「たとえ」がお上手で、
たとえば、
「ここらへんは、別荘が集まっていた地区に近く、
ちょうど、軽井沢の駅前みたいな感じですね」とか。

もし私がいま、中学生か高校生だったら、
先生にあこがれ、
間違いなく、こういう分野をめざしていたに違いない…(笑)

で、
なるほどなあと思ったのは、
ポンペイがあるイタリアのこの地方が、とても住みごごちが良いということ。
夏は海風がふいて涼しく、冬は暖かく、
土地も豊かで、麦も年に二回収穫できるとか。
あくせく仕事をしなくても、
小さい畑があれば、十分暮らしていけるそう。
ワインもおいしくて、
山並みも、海岸線も美しく、
たとえ、地震が多かったり、
すごく危険な火山があるとわかっていても、
なかなか離れられないとか…なるほど。

なんだか日本と似ていますなぁ。
(外国の友人に、
なんでそんな危険な国に住んでいるんだといわれ続けている私)

さて、講演も終わり、
そのままいよいよ、Bunkamuraザ・ミュージアムでやっている
『ポンペイの輝き』展へ…

と思ったら、手前にすごい行列!
なにごとかと思ったら、
『白夜の女騎士(ワルキューレ)』
ああ、みたよなあ夢の遊眠社。ありゃいったい何十年前…

さてさて、人並みをかきわけ、
いよいよ『ポンペイの輝き』展へ入場です…。(その2に続く)

咲いたよアグロステンマ混合♪ 06/05/17

去年の6月、Yoyoさんのブログで一目惚れ♪
タキイの種を蒔いたのが9月25日。
すくすくと元気に育ち、
ようやくおあいすることができました。アグロステンマ混合♪
Aguro0515_1
想像していたよりも花が大きく(7、8センチはある)
それでいて、雨にも強くてしっかりしてるし、
一株でた~くさん咲いてくれます(写真で4株)
別名「麦なでしこ」。ヨーロッパでは麦畑のそばに咲く雑草らしい。
たしかに強健だあ。
背は高いが(1メートルくらい)、これはおすすめですよ。

Aguro05152
つぼみもまたかわいい♪

Aguro0512
雨に濡れるアグロステンマ「桜貝」
なにしろ、「これが5月?」ってくらいうっとうしい天気が続いているのに、
へこたれません。
我が家のレギュラーになってくれそう♪Yoyoさんに感謝です。

ちょんちょん摘んでくる喜び 06/05/12

お向かいのNさんからいただいたたけのこで、たけのこご飯。
ご飯をよそってから、
ちょんちょん、と、山椒をつんでくる。
Sannsyo0512
この山椒は、鳥さんからの贈り物。

おすましや親子丼には三つ葉。
数年前に買った根みつばの根っこを植えてから、
毎年こぼれ種であっちこっちに。
Mitsuba0511

お肉を煮込むときはローリエ。
大木になってしまい、もう手が負えない。
小袋にいれてプレゼントすると喜ばれる。
野球部でカレーを数十人分つくったときも、ごっそり入れた。
Rorie0511

ぎょうざには、プランターのにら。
もう何年も植えっぱなし。
Nira0511

そうめんにはしそ。
これもこぼれ種であっちこっち。
香りの高い苗だけを育てる。
Shiso0511

紅茶には、その日の気分で、アップルミントか、ジャーマンカモミール。
Applemint0511
Kamomiru0511

サニーレタスは、毎年種から育てる。
お弁当に入れる分、ちょんちょんと二、三枚摘んでくる、午前六時。
Retasu0511

ちょんちょんと摘んできて食べるのは、無上の喜び。

ふきのとうの天ぷらはおいしかった。
山桑の実も色づいてきた。ラズベリーもつぼみがついた。
プチトマトのアイコも芽をだした。
バジルも芽を出した。
ブラックベリーはまだかな。みょうがはまだかな。

これからもっともっと、
ちょんちょんと摘んでくる喜び。

見かけは繊細。だけどタフ♪ 06/05/09 

Clarkiapulchella0509
名前がわかったので、再登場のクラーキア・プルケラ。
misaoさんありがとう!)
ワイルドフラワーのミックス種袋から咲いただけあって、
たしかにワイルド。
風にも負けず雨にも負けず、
多少の乾きにもめげず、
ごらんの通り、下からどんどんつぼみがのぼってくるし、
名前で検索したところ、こぼれ種も期待できるとか♪
なのに純白ひらひら~ときたもんだ。
「見かけは繊細。だけどタフ」なお花が好きな私と、相性よさそうで楽しみ。
ようこそうちの庭へ♪よき住人になってください。
 
「連休終わってやっとお仕事~♪」
と、昨日ははしゃいでいたが、
す~っかり忘れてたよ。今日が家庭訪問だってことを。
次男(中三)の担任、体育の男の先生なんだけど、
なんと、子供の部屋まで見るらしいという情報が入ってたので、
必死でかたづけました(汗)
で、
ほんとに二階まで上がってみていったよ~近頃めずらしい!
生徒をより深く理解したいという、熱意は感じましたな。

チラシにくっついてきた種 06/05/08

Bijyonadeshiko0505_1
近所の信用金庫のチラシに、
ホチキスでくっつけられていた、小さな小さな種袋。
なになに、「美女撫子」だって? え、書いてあるのは、これだけ?
いったいいつごろ蒔いたらいいんだよ。どうやって蒔いたらいいんだよ。どうやってお手入れするんだよ。水やりは?冬越しはどうするんだよ~~

なんとかなるものです。(ほっ)

たとえタイプの花でなくても、
種袋を手に入れたら、蒔かずにはいられない。
あの日、
どのくらいたくさん種袋が配布されたんだろう。
おまえの仲間が
どこかご近所で、咲いているのかなあ。

さてさて、大型連休もようやく終わり。
久しぶりに、ひとり、ゆったりとくつろいでおります(笑)
昼ご飯なんかつくるもんか。
やっと仕事ができるぞ~~~~

すばらしい! 06/05/05

Kuripia0504
去年の4月に種をまいた、
サカタのペチュニアクリーピアホワイト、
ほとんどすべての株が、ぶじ冬を越し、
また咲き始めてくれました♪
香るんだよ~この子。月の光の下もまたよし。

種をまいた去年の開花は、七月だったので、
こんなふうに、春の花といっしょの風景ははじめて。
「すばらしい!」
と、思わず千石さん(@王様のレストラン)で自画自賛♪

ノースポール、わすれな草、シレネ(ふくろなでしこ)、
ネメシア(以上ぜんぶこぼれ種)といっしょに、クリーピア。
Kuripia0505
この大鉢のクリーピアは、去年の11月には下のようでした。
Kuripia1123_1
この、根元にでてきたちっこい元気な芽が処分できなくてね~
なるようになれ~と、切りつめて残したわけです。
根元に腐葉土をしいただけで、みごとに冬越し♪
すばらしい!
「クリーピアいいよ~」と教えてくれたhimeに感謝です。

すずらんと忘れな草 06/05/04

Suzuran0503_2
ああ、このすずらんの香り。たまりません♪
いったい何本の花芽が上がってきてくれるかなあと、
毎年楽しみな、すずらんの鉢。
しかし、
去年は、こぼれ種のわすれな草とヴィオラに圧倒されて、
せっかく咲いたすずらん、いったいどこ~という状態。(こちら

だから今シーズンは、
わすれな草やヴィオラのちび芽を見つけ次第、移動させようと、
かたくかた~く決意していたのですが、
なんと、去年の夏は涼しくて、
わすれな草の株が、そのまま夏を越してしまった~。
掘り返すのも、すずらんの地下茎を痛めそうでこわいし。

ということで、
ことしも仲良く共存共栄。
Suzuran05032
あなたたちって、ほんとに仲良し。
え、そういうわけじゃないの?(笑)

この子の名前は? 06/05/03

Unknown05032_1
ワイルドフラワーハイドロカラーミックスを蒔いたプランターに、
またまた花が咲きだしました。
すばらしくきれい♪
でも、私には名前が…???

この種袋には、
西洋のこぎり草、ディモルフォセカ、花菱草、ガザニアなんかが入ってるはずなんだけど、
どれでもないよねえ。
この子の名前をご存じの方いらしたら、コメントくだされ~
背の高さは40センチくらいです。

Unknown0503
赤も咲いてくれてます。つぼみもどんどん上がってきています。
う~ん、丈夫な子だ~

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

無料ブログはココログ