movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の8件の記事

母は複雑なのだ 06/10/31

高校の非常勤をされているなるこさんから、
「やはり生徒には、
偏差値の高いところを目指してほしい」というコメントいただきました。
ごもっとも!
高校の先生方には受験する生徒を、とことん励ましていただきたい!
おのずと、母親の立場とは異なりますし、
あらあら、こんな家庭もあるのだなあと、笑ってやって下され(笑)

とはいうものの、やはり、悩んでないわけではない。
息子よ、本当に志望高校はそこでいいのか?

昨年は長男が大学受験で、指定校推薦にさんざん迷った。
だから、
『国公立進学クラスにいたんだけど、
私立クラスの私立推薦のおこぼれがまわってきたので、
11月にぬけがけした~』などというerikaさんのコメント読むと、
まず最初に、erikaさんのお母さんの胸中を想像してしまう。
さぞ複雑だったことでしょう。

「なかなか楽しめてます♪」ってことばに救われます(ほっ)
どうか充実した四年間を過ごしてほしい♪

子供の直感を信じる 06/10/30

コメント下さったちかどんさんは、
ブログを始めた私が初めてTBしあった
大事なお花仲間。(二年前、ナスタチウムだったねえ)
広島に台風来るたび、自分の庭のようにあれこれ心配します。
お花、やってみたいなあというひと、
ちかどんさんのブログはとても参考になります。ぜひチェックしてね。

応援のメール&コメントありがとうございます。
書き始めて十年。
主人公と同年代だった読者のみなさんが、二十代、三十代となり、
あらためて読み返してくださって、
十代のころとは違う感想をもったり、
はたまた、自分の中の変わらない部分を見つけたり…
これこそ作家冥利につきますな♪

物わかりのよい、すてきな「受験生の母」でありたいと思えど、
やはりむずかしい。
「少しでも偏差値の高い学校を志望してほしい」
それは結局、
世間に対する私(母)の見栄でしかないんだよ。
「おれにはこの学校がいい」という、子供の直感を信じよう。
茂木先生だって『プロフェッショナル』でいってた。
『直感とは、
自分の経験や価値観、思いなどを、
総合的に脳が判断し、無意識に出した答えであって、
どんな論理的思考よりも、信じていいんだ』って。

天然野球小僧 06/10/28

中三の次男は、天然野球小僧だ。
高校を選ぶにあたっては、
1.その高校の野球部が、夏の大会で何回戦までいったか
2.グラウンドがどのくらい広いか
3.サッカー部やラグビー部や陸上部とぐちゃぐちゃになって練習してないか
4.ユニフォームがださくないか
が、かなり重要なチェックポイントになる(笑)

でも野球は上下関係が厳しくってね~
目上の者に従順な、優等生がどうしても多くなってしまう。

でも、新庄選手はいまだに「天然野球小僧」だ。とにかく楽しそう。

まあ、どこの高校でもいいさ。
次男坊にも、
いまの「天然野球小僧」のまま、仲間と楽しく野球を続けてほしい。
つまり、
イチローにならなくていい。無理して松井秀喜をめざさなくてもいい。
二割バッターでいい。
ただ、
野球を楽しむ心だけは、
いつまでも、新庄選手みたいであってほしい。

な~んて思う、今日この頃の母でした。
(だが一応、受験生の母でもある。そこらへんちょっと微妙なの(笑))

しみじみと、ハグ♪ 06/10/27

昨日コメント下さった方は、北海道の方です。
そっか~もうお花の季節は終わってしまったのね(涙)
でも日本シリーズは熱かったね~。

例年だと、優勝が決まると、
ナインがわ~っとマウンドに集まって、
わ~っと胴上げが始まって、
わ~ばんざ~いばんざ~いばんざ~い
みなさんありがと~~っ

でも、昨日は、
みんなでしみじみとハグしあってたのが、
とても印象的でした。
いつまでもしみじみとハグしあう、日本男子。
うん。いい光景でした。

お、イタリア語のお仲間ができたかしらん?うれしいのぉ♪
テキストは18日発売ですが、
かなりレア(笑) 注文しましょう。
あと、発音担当のダリオ君に女性講師がいつも押されぎみで、
それも楽しい。さすがイタリア♪

ブログのおかげで庭が 06/10/26

夕顔いいなあとあこがれたのは、
実は、コメントくださったshiroさんのブログをみて。
咲いてびっくり。
こんなに大きな花だったとは。
(朝顔のイメージだったのに、ハイビスカスくらいある)
でもって、こんな清楚な香りなのね~くんくん♪
本当に育ててみて良かった。
種もとれたので、夏のレギュラーになりそう。

ブログをはじめてから、
庭で咲いてくれた子を見せびらかすこともできるようになったし(笑)
よそのお宅の花にあこがれたりすることが多くなり、
趣味としてのガーデニングに、すごく幅がでました。ブログに感謝♪
ブログでであった花好きのみなさんに感謝♪

ペンタスはおすすめです。ぜひぜひ種まきしてみて~

うんうん。イタリア行ってみたいよね。
町も歩きたいし、田舎にも行ってみたい。
食べ物も食べたい~
さあ、朝の九時半。イタリア語講座のお時間よ~
今期まだ始まったばかりなので、いっしょにやってみない?

イタリア語講座だぞ 06/10/25

春、ラジオのイタリア語講座を始めた。
「三日坊主でも、まったくやらないよりは、三日分偉い」
ということで、かなり思い切って四月号テキストを買った。
いまではすっかり日課に。

放送は朝九時半に始まるから、
それまでに最低限の家事をすませようという、良い目標になる。
やらなければならない家事に目をつぶって、
とにかく机に向かう。
放送が終われば、そのままスムーズに仕事に移れる。
とってもいい感じだ。

とはいっても、優秀な生徒ではない。ノートさえ作ってない。
先生が覚えてほしいうち、1割、身についたかどうかってところ。
半年がたち、
この十月から新しい講座が始まり、またabcの発音から再開。
でも今期はすでに土台の1割があるから、
もうちょっと進歩できそう。(2割か?)
ってことは、
こんな調子でも、5年続ければ、初級は完璧(笑)
がんばらないで続けてみよう。そう思ってる。ciao!

夏のお庭は白でした。06/10/24

種を選ぶ時期(早春)に
よほどピュアなものに飢えていたのか(笑)
白花ばかりの夏となりました。
(すべて種まき組)
Penntasu1024ペンタス湘南コメットホワイト(サカタ)
見るたびに君は美しいねえと声をかけたくなる肉厚の白。
花期も長くて夏の定番になりそう。
Shiriusu0826サルビアファリナセアシラス(タキイ)

Cyucyu0826インパチェンスチュチュホワイト(タキイ)
涼しくなって息を吹き返しました。
Ginia0826ジニアプチランドホワイト(タキイ)

Kikyou0826桔梗五月雨混合(サカタ)
「花は二年目から」と書いてあったのに、咲いてしまった。
それも混合のはずなのに白花だけ。
桔梗は竜馬の紋所なので、長年ほしかったのだ。
Yuugao0826夕顔白花(タキイ)
場所がなくて結局プランターに五株。
でもとってもよく咲いてくれました。

献血は趣味(笑) 
でも先日は比重が軽くてできませんでした~残念(涙)

うんうん、私も手帳が好きなので、いろいろこだわってます。
でも最後はやっぱり手にとってみたときの感覚かな~
手に取ったことのない手帳をネットで買うのは
私にとっては冒険だな~

次作、実は『アレ伝』の時代です。
再登場するキャラもちらほら…てなことになりそうです。

2007年手帳決定!06/10/23

コメント&メールありがとうございます。

私の本がきっかけで歴史好きになってくれるなんて、
とてもうれしい。
(かくいう私も『三銃士』や『リュパン』で世界史好きになったような)
応援メールを下さる中には、
「大学で世界史を専攻することにしました」なんて方も多くて、
驚くやらうれしいやら、うらやましいやら♪

次作ですが、
なんとすでに、題名が天から降ってきております。
『ロクサリーヌ夜話』
いつものように、しっとりとした恋物語…んなはずないって?(笑)

ところで、2007年の手帳決定!
Mark'sのバーティカル(こちら
献血のついでにたまたま立ち寄ったFrancfrancで見つけたのですが、
もう、ばっちり♪ゲル伝を書き終えしだい、使い始めようっと。

るりまつりなど、お庭で咲いてくれている花については、
次の記事で、じっくりじっくり…(笑)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

無料ブログはココログ