« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の17件の記事

どこに植えよう菜の花を 06/11/30

先日shiroさんにいただいたコメントの中に
寒咲き菜の花が登場しましたので、
「今年も種を蒔いたよ~定植しましたよ~」
という記事を書こうと思ったのですが、
書けない!
去年は11月始めには定植していたのに、黒ポットのまま(汗)
Nanohana1129
どうしてかというと、
毎年菜の花を植える定位置に、
フランスギク↓が残っているから。
こんなに青々と茂って冬を迎えるとは思わなかったよ~
Hurannsugiku1129
でもこのフランスギクは、
今年亡くなられた柳宗民先生が、趣味の園芸2006年1月号で、
「見直したい在来草花」のひとつとして紹介してくれた花。
それで、春に種を蒔いたのです。(花はみられなかったけどね)
大事にしたい。
(ほら、ターシャさんのところでもきれいに咲いてたし)

ああ、
どこに植えよう菜の花を。
それにしても、菜の花の葉っぱっておいしそう。
芥子醤油のおひたしにしてしまうという手もある…

きゃ~
いけない妄想に支配される前に、植え付けなくっちゃ!

きっと来年の三月には、こんな感じに…
Nanohana0310(2005年3月の写真)
どうか、菜の花が咲くまでには、次男の高校が決まってますよう…。
(今日、三者面談でした~)

主婦こそバーティカル手帳を 06/11/28

さっそく
「来年の手帳はバーティカルにしてみたい」とのメール。
ありがとう。ぜひお試し下さい。

でも私がバーティカルをおすすめしたいのは、
学生さんや、仕事をされているよりも、
在宅されている方。
つまり、
だらだらしてても、誰も怒ってくれない身分の方。
「なにかした~い」と切望していながら、
家事や子供に時間をとられて、なかなか家から出られず、
鬱々しておられる方。
予定なんか何にもないから~と、手帳さえ持ってない方。
(つまり、十年前の私)

バーティカル手帳でなくてもいい。
大学ノートでOK。
(私は最初チラシの裏に書いてたし、
去年まではB5ノートのバーティカルなスケジュール帳を自作して、
月齢表を切り貼りしたりしていた)

とにかく紙に、こんな感じの時間軸をひき、
自分がどんな家事をしたか、逐一書いてみて。
朝ごはんの片づけ、洗濯6キロ分を二回、ゴミ出し、弁当つくり、
赤ちゃんの下のお世話、アイロンがけ…
どんなに自分ががんばっているか、一目瞭然。
どうぞご自分をほめてあげて。
(机の上に広げたまま置き忘れたふりをして、
だんなや子供にもよくみせるべし)

あんまり「時間をつくりだすためには!」なんて意気込まず、
まずは、一日の記録をつけることから始めては。
ちょっとしたこともそのつど書き込んで。
そのためには、バーティカルの時間軸って、とても便利なのです。

自分はいま一生懸命生きている。
自分は2006年も一生懸命生きた。その証になります。
子育てしておられる方には、よい記録にも。
こどものちょっとしたかわいいせりふなどは、
数年後、宝のように思えるものです。

「ワイドショー」なんて書きたくないわ~
空いてるところが、なんだかもったいなく見える…
なにかもっと生産的なことをしたい!
なんて思い始めたら、こっちのものです(笑)

女心の未練でしょうか 06/11/27

切り戻すのが遅かったので、
いまごろインパチェンスの二番花が。
Innpa1126_1
もう、いつ凍死してもおかしくない。
今朝はだめになったか、
今朝はだめになったかと、毎朝のぞくが、
なかなか頑張ってくれている。

実はこれ、去年の秋に、
ちびたちが、爆発する種をおもしろがって採取してくれたもの。
だから、なおさらばっさり処分できない。

私は未練たらしい人間なのです。
1つでも花が残っていると、なかなか処分できない。
毎朝、
凍死寸前のジニアや、ペンタス、サルビアに
「大丈夫だった?」と声をかけてまわってます(笑)

バーティカルな手帳なわけ 06/11/26

在宅で物書きをしている。
半年に一度くらいのペースで、出版社にブツを納めたい(笑)
結構スパンが長い。

そんな私にとって手帳は、
予定や目標を書き込むためのものというよりは、
仕事がどのくらい順調に進んでいるか、確かめるためのものだ。
そばにだれかいて、
毎日進み具合をチェックしてくれるわけではないから、
自分自身で、チェックするしかない。
「うん、順調順調。よくがんばってるなあ私♪」
とか、
「なにやってるんじゃ私は~」とか(←だんぜんこっちが多い)

となると、バーティカル(バーチカル)の手帳が便利。
こんなの)
一ページお仕事が進んだところで、
手帳にそのページ数を書き入れる。
すると、一日に何ページ進んだか、一目瞭然。
お仕事の進行状況を、視覚的に確かめることができる。

でも、バーティカルが便利だってことは、
この仕事を始めるずいぶん前から知っていた。
育児手帳だ。
おっぱいマークやうんちマークを時間軸に書き込むだけで、
新生児の一日の様子が、一目瞭然だった。

大事だと思うのは、
ぱたんと180度広げてそのまま机上に置いておけること。
手で押さえてなければならない手帳って、意外に多い。
手にとってみてから買うことにしている。

今年選んだのはこれ
マークスのアポイントメント・プランナー”プレミア”のグローブ/ゴールド。
使い初めて一ヶ月になるけど、なかなか気に入っている。
左にto doもしっかりついてるし。
もっと小さいバーティカル手帳もあるが、
私には、これ(H185×W125mm)が限界だなあ。
(家族の予定もいろいろ書き込まなければならないので)

ちょっと紙が薄くて、裏移りしてるかなあと気になったが、
(多分去年の手帳の紙がしっかりしすぎていたため)
水性ボールペンのペン先を、0.5から0.38にしたら
気にならなくなった。(ほっ)

ビニールカバーってのもちと気になるが、
私はもともと、自分で気に入った布を張り付ける方が好きなので、
OKということで。

子供に読んであげる絵本 06/11/21

昨日の朝、わくわくラジオのゲストは、
児童文学者の松居直さん。
たっぷり一時間以上。とてもうれしかった。

なんでも、福音館書店の「こどものとも」は、ことし創刊50周年
三十代の編集者としての創刊時の裏話がたくさん♪
まるで、明治維新みたいだったそうな。
知っている絵本の名、作家さんの名前がどんどん登場する。
かくいう私、
かれこれ16、7年間、ずうっと絵本を読んであげている。
(18才になる長男が2、3才のころから、
つい昨日も、7才の三男坊に)
なにしろ、興味のあるジャンルが四人でぜんぜん違うので、
けっこうなわばりが広い。
車輪もの、動物もの、恐竜もの、お姫様もの、冒険もの…

ブックスタートのお話も興味深かった。
ブックスタートとは、子供を本好きにするという活動ではない。
絵本を読んであげると、子供は必ず目を輝かせる(うんうん)
目を輝かせる子供をみると、親は幸せを感じる。(そうそう)
つまりブックスタートは、親を幸せにする活動なのだ。
親が幸せでなければ、子供も幸せじゃない。
親が不幸で子供だけ幸せというのは、ありえない…

お話は、どれもこれも興味深かった上に、
どんどんとびこむメールにも、感動させられる。
あ~充実したひとときでした。

飾っておくものではない。コレクションするものでもない。
「絵本とは、大人が子供に読んできかせるもの」
ビデオじゃだめだビデオじゃ~

種まき夏越し葉牡丹 06/11/20

Habotan1120
去年の夏に種をまき、一冬、楽しませてくれたあと、
今年の夏をなんとか越してくれて、
また色づき始めた、切れ葉葉牡丹「クジャク」です。
三つみえますが、もとは一株。

な~んて書くと、
いかにも管理がきちんとしてたみたいにきこえますが、
違うの。
実は、夏越しは最初からあきらめていたんだけれど、
抜くのがめんどうだったので、
首をちょきんと落としただけで、放置したものが、
脇芽を三つのばし、こうして色づいてきたのです。
立派だ!

種まきビオラを年内に咲かせるのはあきらめているので、
1月2月の庭は、葉牡丹と菜の花しかない!
だから、どちらも種を蒔いて、た~くさん育ててますが、
夏を越してくれたのは、この子がはじめて。

私の庭には身分制度があって、
ひとつ冬を越すと、身分がひとつあがるだけど、
この夏を無事に越してくれたこの子と花かんざしは、
いま、かなり身分が高いです。うん。

ワイルドなちび芽たち 06/11/19

タキイの「ワイルドフラワーハイドロカラーミックス」
種袋には、
「西洋のこぎり草、ディモルフォセカ、花菱草、ガザニア、アリッサム、
シレネ、クローバーなど、七種類以上の種が混じっている…」
と書かれている。
でも去年花をみたのは、
ストロベリーキャンドルと、クラーキア・プルケラと、リナリア、花菱草だけ。
きっと種の蒔き方が、ワイルドすぎたのだわと思い、
この秋は、セルトレイに丁寧に蒔いたら、この通り(笑)
Wildflower1119
まるでちび芽コレクション♪
ぐっちゃぐちゃですが、
ちび芽大好きの私にとっては、たまらない景色♪
ノースポールを直植えにした以外は、
ひとつひとつ黒ポットに上げました。
Wildflower1120
紫花菜とリナリア、ストロベリーキャンドルがあるけど、
あとはぜ~んぜんわからない。
雑草も混じってるかもしれないが、十種以上。
ワイルドに育ち、ワイルドに咲いてほしい。楽しみ~

RAY師匠、早速のコメントありがとうございました♪

検索ワード 06/11/18

そうそう、
最近「アクセス解析」っていうのがやっとわかって(遅いよ)
「検索ワード」っていうのをみると、
どんな単語を検索して、みなさんいらっしゃったのかがわかる。
『ビオラ』とか、『種まき』だと、
微笑みながら両手を広げ、「いらっしゃいませ~♪」てなもんだが、
「ヨトウムシ」
はいやだ。(なぜか、いつもベストテンに入っている)
私の「ヨトウムシ退治by割り箸」の師匠はRAYさんなので、
そこんとこよろしく(笑)

で、コメント下さったブタsyoさんがおさがしだったのは
「ユリオプスデイジー」
いまとってもきれいに咲いてますが、
地植えにすると、たちまち「樹木」に。
半数の枝を10センチくらいの長さに切りつめ、
無事に芽吹いたら、残りの枝を切りつめて、かなり小さくできます。
切った枝は簡単に差し芽できるのですが、
いまからの季節では、ちょっと寒すぎるかな~
木に元気が戻る5、6月まで待った方が無難かと。
(こちらの趣味の園芸Q&AのQ6をどうぞご参考に)

うんうん、
私も、まともに「朝ドラ」みられるようになったのは、この二三年。
小さな子がいたので、ず~っと教育テレビがついてたのよね。
「にこにこぷんのじゃじゃまる」のころから見てるし、
歌のお姉さんは4代前まで知っていますが、
どうやら卒業のようです(笑)

いもたこなんきん 06/11/17

楽しいと評判の朝ドラ「いもたこなんきん」です。
が、
子供が四人いる家庭で主婦をしながら、
物書き稼業を十年やっている私にとっては、
「いもたこなんきん」
涙なくしてはみられません。うるうる。

一番泣けたシーンは、
調子よく執筆していた主人公の机の上で、
めざまし時計がリンリンリンリンなりひびき、
主人公が、仕方なく仕事を打ち切って、
大家族の夕ご飯のしたくにかかった場面。
この気持ち。
あ~この気持ち。
わかりすぎて、朝からつらい…。

感動して泣きそうになったのは、
同居すると決めた次の瞬間、ご主人(カモカのおっちゃん)が執筆部屋が必要だと考え、
せま~い物置を改装することを決めたこと。
広い部屋の片隅に「コーナー」を作るのではなく、個室。
それも、あの物置のせまさ!これが、ちょうどいい!
広すぎるとダメなのです。
あのせま~い物置は、
まさに私の理想の執筆部屋だ~

いしだあゆみさん演じる秘書(ミド嬢)も、私の理想。
ほしい~!

もとから田辺聖子さんのエッセイが好きなので、
(朝日の夕刊に連載してたころは、すっごく楽しみだった)
しばらくは、
涙しながら、朝を過ごすことになりそうです(笑)

「orz」ってなあに? 06/11/16

結局、次男の音楽のテストの問題は、
「『少年時代』は何調?」でした。
あの難解な歌詞を虫食いにして出題するなんてことは
さすがにしなかったようで、ちょっとほっ。

でも、みんなそんなに違和感ないのね。
(私が年をくってるだけ)
ユーミンの『卒業写真』か~なるほどね~
松田聖子の『赤いスイートピー』?
良い歌ですが、あれをクラス全員で合唱するのか?

私は幼少時ピアノで落ちこぼれ、エレクトーンに転向したから、
左手が不器用で、ヘ音記号を読むのも苦手。
初見の楽譜は、コード記号がついてると助かります。
ほんとは、ボサノバなんかをまったりと弾くのが好き。
だけど、
最近は、もっぱら子供のリクエストで、
子供番組の主題歌ばかりだ(笑)

ところでところで。
Cana(米)さんのコメントの中にある『orz』が、
人間の体を表しているってことを、
ごくごく最近、長男に教えてもらいました。なるほど~
それからというもの、
orz』が
「じゃんけんでサザエさんに負けた日曜夜の三男坊」
に見えてしょうがないんですが。

『少年時代』が… 06/11/14

夜九時。
リビングで試験勉強していた次男が、いきなり歌声をはりあげた。
 ♪なぁつがすぅぎぃ かぜあざみぃ~♪
 ♪だれのあこがれに さまよお~♪

次男は中三で、大事な定期テスト真っ最中。
とうとう、脳みそ回路がバーストしてしまったのだと思ったら
ぜんぜん違った。

「こんな歌詞、覚えられっかよ」

なんと!
あしたの音楽の、試験範囲なのだという!
「????」
陽水の「少年時代」が、試験範囲~~????
ヴィヴァルディとか変ホ長調とかフェルマータとかと一緒に、
「少年時代」の歌詞を覚えなければならないの?

あわてて教科書を見せてもらうと、
確かに、「同声二部合唱曲 少年時代」の楽譜が!

歌詞が覚えられないのも当然、
ありゃもともと難解な上に、
次男は、メロディーラインがよくわかっていなかった。
(音楽の授業でしか聴いたことがないのだ)
あわてて、エレクトーンで弾いてやる。
「コード記号がついてないから、弾きにくいよ~」と次男にいうと、
「『瞳を閉じて』には、コード記号ついてるよ」

なに~~???
あわてて教科書をめくると、
確かに、
平井堅の『瞳を閉じて』が、コード記号つきで載ってる~~

井上陽水に平井堅かよ~
いいなあいいなあ最近の音楽の授業は。
そっか~ここはこういうコード進行だったのか~と、
次男と『瞳を閉じて』を連弾。

(あの~そこは試験範囲じゃないんですけど)

役員決めの季節じゃ! 06/11/11

さあみんな、心の準備はできてるかな?
そろそろ来年度の役員を決める季節だよ~
最近はみんな働いているからね。
「仕事が忙しい」じゃ逃げられないのさ。

今年は二つ役員を受けて、
まあ、いろんな仕事をやらせてもらいました。
フランクフルトを二百本焼いて売ったり…
ポップコーンをコーンから百袋つくったり…
カレーを三百皿配膳したり…
バザーで八百屋さんのまねごとをしたり…
カラオケ屋さんに聞き込みに行ったり…

とまあ、今年は自分でも感心するくらいよく働いたのです。
だから、
来年は逃げられるはず~と油断していたら、
親しいママ友が、
「意外だったなあ。役員活動好きなんじゃん。じゃ子供会やろっ♪」
と、おさそい。
おまえなあ…(汗)

さてさて。
なるこさんは、中国で楕円のプチトマト食べられたとか。
「サカタのたね」のアイコも縦長でね。
可愛いし、おいしい♪それでもって実が割れないので、
去年からさかんにおすすめしているのです。
苗でも販売してるから、来年の5月の連休あたり、さがしてみて♪

学校の先生の心ない言動で登校拒否になった児童が、
塾の先生に救われているという話を、身近で何件もききます。

要は、志の高さか。

熱く語る教師たち 06/11/10

数日前、
現役教師が何十人もスタジオにそろって、あつ~く語るという、
民放のお笑い(?)番組があった。
前のコーナーの芸能人の子供時代のいたずら話は、
たいへんおもしろかったのだが…

私がもしあの場にいたら、
あつ~く語る先生方に、こういってみたかった。
先生方のような、
「情熱もやる気も愛も」ある先生に、
ぜひぜひうちの子を受け持ってほしい!

でも私は、四人の子を持つ母で、
ざっと数えただけでも、これまで三十人以上の担任先生を知っている。
「情熱もやる気も愛も」ある、すばらしい先生もいたが、
「情熱もやる気も愛も」ない先生方だっていた。それは確か。

そういう「適性のない」先生にうちの子が当たったとき、
あなたがたは、
隣のクラスから、どうフォローしてしてくださいますか。
え?いそがしくって、
隣のクラスのことまでとても面倒見切れないって?
「早く移動でよその学校に行ってくれればいいのにね」だって。

他の先生のなわばりを荒らしたくないし、
もちろん、
自分のなわばりも荒らされたくない。
先生って、なわばり意識が強い職業なのかなあ。

子供のことを一番大事に考え、
もうちょっとチームとして働くべきなのでは。
なんでもかんでもひとりでこなす、かっこいいスーパー金八先生なんか、
めざしてほしくないよ。

「ワタミ」の社長の話だって、
そんなにばしばしさえぎらずに、
もうちょっと耳を傾けてもよかったのでは?
(人の話をきくというのは、小1に与えられる最初の課題)

私は、もっと彼の話をききたかった。

(11月7日(火)19:00~20:54 フジテレビ系
「カスペ!秋の教育スペシャル第2弾 現役教師1000人大告白SP」)
…あれってお笑いバラエティーじゃなかったのか?

それってホメことば 06/11/09

おでんがうまくつくれた。
(炊飯器で保温するのがおすすめ)
すると、主人が感心していった。

「うん、セ○ンイレブンのおでんよりおいしい」

思わず、三男坊といっしょに歌いましたよ。
それってホメことば~?♪
♪それってホメことば~?♪

「ことばおじさん」の「ナットク日本語塾」がみんな大好き。
(七時のニュースの阿部アナが岩手のお国言葉でとつとつと話すと、
主人は思わず目を潤ませる )

「ことばおじさん」こと梅津アナは、
午後二時台にも総合テレビに登場する。(「気になることば」)
帰宅したばかりの三男坊が宿題する横で、いっしょにみることが多い。
「ことばおじさん」が出す質問を、
私がいつも見事に言い当てるので、
いっしょにみている三男坊は、私をと~っても尊敬している。
ふっふっふ。

実はことばおじさんがその数十分前、
ラジオ第一でほとんど同じ内容をしゃべっているってことは、
私だけの秘密だ。

がんばれアイコ!06/11/08

いやはやすごい風でした。
この季節、うちの庭は、
そよそよ揺らいでそよぐ花が多くて、
るりまつりでしょ、黄花コスモスでしょ、
サルビアレウカンサ、カクテル、ほととぎす…
せっかく咲きそろったアリッサムも…
う~ん、かわいそうなことをしました(涙)

でもいちばん心配してたのは、実は「アイコ」
種から育ててるプチトマトです。
夏の終わりにいちど切り戻し(?)て、
脇芽を育て直し、いま、また三段の花&青い実がついてるの。
先週の秋の遠足のお弁当にも入ったのに~

支柱にしっかり固定してたんだけど、
今朝見てきたら、半分吹き飛んでる~
がんばれアイコ!
Aiko1106
(これは風が吹く前、6日にとった写真)

ヴィオラ定植!06/11/06

Viora1106
昨日は、ヴィオラの定植。
百株くらいを、あちこちに、せっせせっせと植え付けました。
この鉢には、ヴィオラのちび芽といっしょに、
かすみそう、プリムラマラコイデス、ネメシア、アリッサム
(以上全部こぼれ種)
差し芽したしろたえぎくを集めて植え付け。
さてさて、春にはどうなることか。楽しみ♪

庭好きにもいろいろなタイプがいると思いますが、
私は、ちびが育っていくのをみるのが好きなタイプ。
花が咲いてなくてもかまわない。
「あ~おもしろかった」と家に入り、
コーヒーもって、もう一度庭へ。
ずらりと並ぶちび苗をながめる。
うむ。good job!

土いじりは、本当に私の癒し。
どうか、土いじりのできる老人ホームに入れておくれと、
いまから子供たちにお願いしてます(笑)

映画『トリスタンとイゾルデ』やってますね~
原作『トリスタン・イズー物語』は、岩波文庫で読めますが、
まさに私のつぼ♪
この物語にあこがれるお姫様の話を書いたこともあります。
ぜひぜひ読んでほしい~

大好きな風景 06/11/02

かなりばたばたした日々を送っています。
デッキの上に出て、
こんなふうに芽のでそろったセルトレイをながめる。
このちょっとした時間がなければ、
とても続かない。
Viora1029_1
ヴィオラです。
発芽率が高くて、う、美しすぎ…(自己満足)
花姿より好きかも。

いや、しかし、もう限界。
乾燥牛糞も買ってきたことだし、
残念ながら、
そろそろうえかえてやらねばのう(笑)

応援コメント&メール&絵はがきありがとうございます。
がんばるからねっ♪

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »