movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の11件の記事

この鳥さんは? 07/01/28

Tori0128
我が家の初顔さんです。
地面近くを、やたらにちょこまかしてました。
ひょっとして、うぐいす…?
Tori01283
つぶらなおめめが可愛い♪
Tori01282
後ろ姿。どうやら虫ねらいみたい。

(あわててガラス越しに撮ったらレースのカーテンが反射してしまいました。
みづらくてごめんなさい)

実は、ご近所の迷惑になってしまうので、
残念ながら、今年はシジュウカラさんが呼べません(涙)
(シジュウカラさんのお食事どころの電線が、
ちょうど駐車場の上なのだ。
どうしてうちの庭で食べずに、テイクアウトするんだろう??)

だから、置いてあげられるのは、リンゴとみかんだけ。
(牛脂はどう固定してもからすがさらってってしまうので、もともとダメ)

みかんは、ヒヨドリががつがつ食べてメジロさんまでまわらないし、
シジュウカラさんも来てくれないので、
今年の庭の鳥見は、少々テンションが低い。
ひよどりさんも、可愛いのだが…(むむ)

そこにひょいと現れた新顔さん、
orengeさんちに来たうぐいすと似てるようだけど…?

DEPAPEPE  07/01/28

昨夜bs2で“DEPAPEPE”のライブ。

男性二人のアコースティックギターデュオ。
歌わないのがミソ。
昨夜は、結局最後までみてしまって、
寝るのが午前一時近くになってしまった~

アコースティックギターが好き。
全部好き。
弦を押さえてる左手が、押さえ変える時にたててしまう、
あのひっかくような、微妙な音さえすごく好き。

DEPAPEPEの音楽が素敵なのはいうまでもないのだけれど、
ギター弾きながら、時々お互いを確かめるように、
ちらっちらっと目を見交わすのが、またいいんだな。
徳岡さんが素敵だ~
ふたりが六歳違うっていうのを昨日はじめて知りました。
出身が神戸だってことも(ずっと北海道の人たちだと思いこんでた)

DEPAPEPEは、本当に幸せそう&楽しそうに音楽を奏でる。
で、きいてて幸せになるし、楽しくなる。
音楽は、こうでなくっちゃ。

『イン・ハー・シューズ in her shoes』 07/01/26

いい映画だったなあ。

三つお話があるのです。

1 成績は優秀なのだけれど、
  生き方に不器用なキャリアウーマンが
  素敵な恋人を見いだし、紆余曲折を経ながら、なんとか結ばれるまでの話。

2 障害のせいで読み書き計算ができないことにコンプレックスを持っているけれど、
  生来明朗で、頭の回転はいい女性(smart girl)が、
  紆余曲折を経ながら、なんとか自分に自信を持てるようになるまでのお話。

3 母親が自殺したという過去を持つ、ひとつの家族のお話。
  
それぞれ一本ずつの映画になってもおかしくないこの三つのお話を、
うま~くひとつにまとめあげているのが、
しゃれていてテンポのよい会話と、
ぴりっと効いた脇役たちの存在。
(姉の親友や婚約者、老人たちね)
横糸が、三本の縦糸をじょうずにすくいながらからめて、
みごとに一本に編み上げてる。

キャメロン・ディアスって、こんなにいい女優さんだったんだなあ。

あそうか、『L.A.コンフィデンシャル』の監督さんなのね。
道理で二時間あっというまです。
それでいながら繊細な映画です。
ぜんぜん期待していなかっただけに、これはめっけものでした。

よく思うのだ。姉妹っていいなあ。ほしかったなあ。

「千の風になって」  07/01/25

NHKハイビジョンスペシャル「千の風になって」(再)

番組では、アメリカなども行くのだけれど、
特に、アイルランドの旅が心にしみた。
肉親を失った普通の人が、
この詩、知ってる知ってる、と朗読してくれたり。
別に、特別な死に方じゃない。
普通のひとが、新聞記事にもならないような普通の死に方をしても、
残された肉親ひとりひとりにとっては、
その死を受け入れるまで、とてつもない葛藤がある。

死んだ人の魂は、たとえば風や雨や光みたいなもんだという考えは、
ケルトや、アメリカの先住民族に共通しているようだ。
キリスト教とは相容れないのかしら。
私なんかは、「死んだら骨はぱあ~っと相模湾にまいてね」と
前々から家族に言い置いているような人間だから、
墓地なんかにはいないよというこの思いは、
とってもしっくりくる。

この歌は、
紅白ではじめてきちんときいて、感動した。
(だから紅白歌合戦はみるんだ。
私が知らない素晴らしい歌い手さんを知ることができるから。
今年はアンジェラアキさんもすばらしかった)

でも、朗々と歌うテノールの「千の風になって」もいいが、
番組できいた、アイリッシュハープ&ボーイソプラノ(リベラ)のバージョンは、心にしみました。
東芝EMIのサイトのこちらで試聴できます。これはチェックだ。

斑入り蔓日々草(ビンカ)の新芽 07/01/24

Tsurunichi0113
この一番寒い季節に新芽を出してくるのが、
斑入りの蔓日々草。
斑入りなので、若葉がまぶしい。

このビンカ、とにかく丈夫。日陰でもぜんぜんOK。
長くなりすぎたからと、途中で切ると、
切り残した先端からまた芽吹き、またまた長くなってしまうので、
私は、地際でちょんちょんと切ってしまいます。
すると、上の写真みたいに地際から芽吹き、
春、こんな感じ↓で花が咲きそろう♪
Tsurunichinichi150
差し芽も簡単にできます。
小苗をつくって寄せ植えにするのだけれど、
すぐに、プランター全部占拠するほど大苗に…
我が家で一番の元気者かも知れません(笑)

ばっけ(ふきのとう) 07/01/20

Bakke0120_2
ローリエの落ち葉の間から芽を出したふきのとう。
今年は早いです。(去年は三月に記事をup)

イーハトーブ(岩手)出身の主人は、「ばっけ」と呼びます。
この可愛い子は、「まさに食べ頃」らしい。
単なる食欲とは違うようで、
ふきのとうを食べる→体が春に目覚める→だから食べたい。
彼のDNAに刻まれた遺伝子情報なのかもしれない。

春一番のふきのとうは、
毎年、取る取らないで、我々がもめる原因となります(笑)

『Mr.&Mrs.スミス』 07/01/17

スターチャンネルで『Mr.&Mrs.スミス』
楽しかったです~♪

アクションやロマンスを期待してはいけませぬ。
「倦怠期を迎えてしまった夫婦が
いかにして恋人時代のときめきをとりもどすか」というのがテーマ(笑)
ですから、既婚者向けのコメディですな。
私は最初から最後までずっと笑いっぱなしでした。

こんなふうに、子供みたいに笑う役のブラッド・ピッドが好き。
それが二枚目半のお茶目なキャラならもっと好き。
そういう意味では、『オーシャンズ』のブラピもよかったんだけど、
私の目は完全にジョージ・クルーニーに釘付け…(おやじ好き)

『ジョー・ブラックをよろしく Meet Joe Black』のブラピもよかった。
ピーナッツバターがついたスプーンを無心になめる立ち姿とか、
「death and tax」といってにっこり♪するあの子供みたいな笑顔にぞっこん。
でも私の目はアンソニー・ホプキンスに…(おやじ好き)

最初にブラピの笑顔にはまったのは、『デビル The Devil's Own 』
アイルランドの哀切な歴史とかぶって、
ますますブラピの笑顔がまぶしかった。
ほんとはハリソン・フォード目当てでみたんだけど(おやじ好き)
目は完全にブラピに。

最近、やたらにアナーキーな役が多くて、
あんな笑顔はもうみられないのかなあと思っていたから、
『Mr.&Mrs.スミス』はますますうれしかった。
四十過ぎてあんな笑顔。やはり素敵だ。
『トロイ』もよかったが、私としてはぜひ『アレキサンダー』にでてほしかった。
ほら、そしたらアンジェリーナ・ジョリーとも共演できてたじゃない。
(夫婦じゃなく、母息子役だったけどね)

ちらほらと水仙  07/01/15

Suisen0104
水仙が咲いています。ご近所では満開。
我が家では、ちらほら…
今年も咲かない球根をたくさん育ててしまいました…とほほ(笑)
葉っぱは元気なんだけどなあ。

本日、
古い日記や写真をこちらのブログにまとめて移し、
HP『まだむこぼれだねの庭』を閉じさせていただきました。
体調が悪いときに立ち上げたというのに、
なぜか、楽しい思い出ばかり。
BBSも楽しかった~
自分が庭仕事が好きだってことをはじめて認識し、
花仲間もできたことで、
体調回復の大きな助けになってくれたと思います。
ありがとうございました。

ということで、
こちらのブログのカテゴリーに
こぼれ種の仲間たち一覧」を作成。
花がない時期は、こんな地道な作業も楽しいです(笑)
あ、春まき種もえらばなくっちゃね。

お花のような葉ボタン 07/01/13

Habotan1129_2
11月の末、こんな↑感じに色づきかけた葉ボタンが、
いまようやく、こんな↓感じに♪
Habotan0113_1
種を蒔いた七月末は、暑かった~
何度もはらぺこ青虫さんの主食になりかけました(笑)
いまはお花が少ないので、とにかくうれしい存在。
奥に見える切れ葉系の葉ボタンも、
ようやくみられるように…
(売り物にはかなわないけど)

うん。今年の夏も、
いろんな種類の葉ボタンの種を、たくさん蒔こう♪
(もう鬼も笑わないよね?)

お詫び    07/01/05

お詫びいたします。
近々本が出るという話は、残念ながら流れてしまいました。
期待させてしまった方々には、
心よりお詫びいたします。ごめんなさいね。
おのれの甘さを、恥じ入るばかり。
本当に申し訳ありませんでした。(詳しくはこちら

ということで、
また、土いじり好きな主婦のブログに戻ります♪
戻ったのはいいけれど、花がない~(涙)
Rinaria1210
三男坊がぱらぱら~と種をこぼしてくれたネメシア。
あちらこちらで咲き始めました。ほんとに寒さを知らない子です。
桜色って優しいね。心をほんのりさせてくれます。

ことしもよろしく♪ 07/01/03

Ski1231_2
東北某所で、スキー三昧のお正月でした。
パウダースノーが気持ちよかった~
上のふたりの顔が出せずすみません。事務所を通していないもので…(笑)

目だし帽が気に入った小一の三男坊と、小四の長女は、
今年めでたくそりを卒業し、スキーに初挑戦。
スクールで二時間レッスンを受けただけで、
リフトをおりて、ぴゅーと滑れるようになってしまいました。
「泣くながんばれ!」と励ますはずの私が、
「お、置いていかないで…」と泣く羽目に。

中三の次男は、今年からスノボー。こちらもスクールへ。
たまたま他に受講者がなくて、プライベートでみっちりレッスン。
インストラクターの先生によると、二時間で二日分のメニューをこなしてしまったそう。

スクールは贅沢なようだけど、
年に一度しかゲレンデにいけない我々にとっては、
てっとりばやく楽しめるようになるので、かえって安いかな。
インストラクターの先生がた、ありがとうございました。

西湘の家に戻ったら、ようやく初霜がおりたようす。
でも、スイセンが咲きはじめ、ふきのとうの頭を発見。
しばらく庭仕事。やはり暖かいなあ。

ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

(ことしも寝過ごしてしまって、箱根駅伝の応援に行けなかった私)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

無料ブログはココログ