movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 斑入り蔓日々草(ビンカ)の新芽 07/01/24 | トップページ | 『イン・ハー・シューズ in her shoes』 07/01/26 »

「千の風になって」  07/01/25

NHKハイビジョンスペシャル「千の風になって」(再)

番組では、アメリカなども行くのだけれど、
特に、アイルランドの旅が心にしみた。
肉親を失った普通の人が、
この詩、知ってる知ってる、と朗読してくれたり。
別に、特別な死に方じゃない。
普通のひとが、新聞記事にもならないような普通の死に方をしても、
残された肉親ひとりひとりにとっては、
その死を受け入れるまで、とてつもない葛藤がある。

死んだ人の魂は、たとえば風や雨や光みたいなもんだという考えは、
ケルトや、アメリカの先住民族に共通しているようだ。
キリスト教とは相容れないのかしら。
私なんかは、「死んだら骨はぱあ~っと相模湾にまいてね」と
前々から家族に言い置いているような人間だから、
墓地なんかにはいないよというこの思いは、
とってもしっくりくる。

この歌は、
紅白ではじめてきちんときいて、感動した。
(だから紅白歌合戦はみるんだ。
私が知らない素晴らしい歌い手さんを知ることができるから。
今年はアンジェラアキさんもすばらしかった)

でも、朗々と歌うテノールの「千の風になって」もいいが、
番組できいた、アイリッシュハープ&ボーイソプラノ(リベラ)のバージョンは、心にしみました。
東芝EMIのサイトのこちらで試聴できます。これはチェックだ。

« 斑入り蔓日々草(ビンカ)の新芽 07/01/24 | トップページ | 『イン・ハー・シューズ in her shoes』 07/01/26 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「千の風になって」  07/01/25:

« 斑入り蔓日々草(ビンカ)の新芽 07/01/24 | トップページ | 『イン・ハー・シューズ in her shoes』 07/01/26 »

無料ブログはココログ