movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« いまどきのバレンタインデー 07/02/14 | トップページ | 大磯ウォーキング 07/02/20 »

小学校に携帯を持ってきていいかどうか 07/02/16

授業参観のあとひらかれた保護者会で、
「携帯をもって登校すること」
について、学校側が、保護者の意見をききたいとのことで、
あれこれ話し合う。
が、意見がまとまらない。
これほどまとまらないのもめずらしい。

ひとつは、子供の学年の違い。

低学年の子供を持つ保護者は、
安全確保のために、携帯を持たせたいひとが多い。
登下校が心配なのだ。
しかし、
高学年の子供を持つ保護者は、
持たせたくないひとが多い。
出会い系メールによる事件などに巻き込まれることなどを
心配している。
友達が持てばほしくなるので、
できれば学校に持ってくるのは、
全面的に禁止してほしいというひとが多い。

意見がまとまらないもうひとつの理由は、
保護者の年代の違い。

私もそうだが、昭和三十年代生まれのお母さんもまだけっこういる。
(西暦だと1950年代後半~60年代前半)
ようやく最近、携帯に慣れたお母さんたち。
おしゃべりは電話だ。メールならpcでというひとも多い。
携帯なしでも、それほど不自由はない。

それに対して、
昭和五十年代(1970年代後半)生まれのお母さんたちが登場し始めた。
学生時代からポケベルを携帯し、
メールでおしゃべりは当たり前。
携帯をもつのが当たり前の世代だ。

たかだか十数年だろうが、
この年代の差は、かなり大きい。
つまりいま、
小学校の保護者会は、ちょうどはざまにある。
「意見はまとまりませんでした」というのが、
統一された意見になるだろう。

学校側でしっかりルールを決めてもらい、
(持たせる場合は許可制にし、授業中は担任があずかるとか)
そのうえで、
持たせたい保護者は、子供に携帯を持たせてもいい、
ということに、だんだんなっていくと思われます。

« いまどきのバレンタインデー 07/02/14 | トップページ | 大磯ウォーキング 07/02/20 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校に携帯を持ってきていいかどうか 07/02/16:

« いまどきのバレンタインデー 07/02/14 | トップページ | 大磯ウォーキング 07/02/20 »

無料ブログはココログ