movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の19件の記事

救いのムスカリ 07/03/27

Musukari0325
もう十数年間、植えてはほりあげ…を繰り返しているムスカリ。
白い裾が、ほんのちょっとだけフリフリなのがお気に入り。

球根ものは、
二年目以降咲かないものが多くて、超苦手。
葉っぱばかり茂らせてしまい、
自己嫌悪の日々なのだけど、
このムスカリだけは、毎年ちゃんと咲いてくれる。
まさに「救いのムスカリ」なのです。

ちなみに、「救いの」ムスカリに対し、
私にとっては、「戒めの」クリスマスローズ。
理由はこちら

種まき桔梗の新芽♪ 07/03/26 

昨年春に種をまいた
桔梗(サカタ 五月雨混合)
「花は二年目から」と注意書きにしっかり書いてあったのに、
一年目から咲いてしまった。
うまく越冬してくれるだろうかと心配していたが、
マルチの腐葉土の下から、
Kikyou0324_1
うれしい。

ただ、このプランターにも三男坊が「ぱらぱら~」したらしく、
写真左は例によってネメシア、
そして右下はビオラがすくすく。

がんばってくれ桔梗。こぼれ種組に負けるな~

こぼれ種ビオラ 青い! 07/03/25

f1なのに親と同じ花が咲いて~と
先日紹介したこぼれ種のビオラ、
Viora03192
真っ白だった中心が日に日に青味をまして、
  ↓ ↓ ↓
いまこんなふうに。
Viora03242_1
ちょっと不思議な雰囲気。
見てると時間を忘れます。

こぼれ種ビオラ 寄り添う 07/03/24

こぼれ種のビオラが
そっと寄り添っているようにみえる。
たまねぎだろうがなんだろうが
しっかりと根を張ったお方が好きなのだろう。

うん、わかるわかる。
Viora0324

ねこやなぎ  07/03/22

長女がお友達の家から「ネコヤナギ」なる枝をもらってきた。
このふわふわがたまりません。
Nekoyanagi0322
花瓶に生けて、二ヶ月ほどたった。
なんと新芽がにょきにょき、
Nekoyanagi03222
そして根っこが
Nekoyanagi03223
この生命力!
これはもう土に挿すしかありません。
どんな木になるのか
ぜんぜんわからないのがちょっと怖いけど、
どうぞ庭のよき住人になってくれますよう…

こぼれ種からボリジ♪ 07/03/21

こぼれ種が好きなので、
目新しいちび芽は、しばらくそのまま様子をみる。
なんだったかなあこれ。
どこかで見覚えがあるような。

見守っている間に、ぐんぐん大きくなる。
隣のビオラを覆い隠す勢い。
Boriji0319
あ、わかった、ボリジだ♪

こっちにも♪(鉢の主は左上のエノテラ)
Boriji03192
去年はじめて種を蒔き、
とってもきれいに咲いてくれたのだが、
その毛深さゆえに、子供たちに嫌われてしまった。
迷った結果、秋に種まきしなかったことを、ちょっと悔やんでた。
よかった~またあの青い花にあえる♪

まずは引越しだ。ボリジは大きくなるからね。
いい花咲かせてほしいし。
さあ引越しだ、引越しだ♪

真っ赤なサルビア冬越し成功か 07/03/20

このごろ、毎朝まっさきに確認するのが、これ
真っ赤な花が咲くサルビア(サカタのリトルタンゴ)の新芽。
030_1

こっちにも。
031
青や白系のサルビアが冬を越すことはあったが、
真っ赤なサルビアははじめて。
今年の冬は、本当にあったかかったんだなあ。

でもここにきて寒さが戻ったので心配。
がんばってくれ真っ赤なサルビア。
ことしも子供たちにちゅ~ちゅ~蜜を吸わせてやってくれ。

ヴィオラこぼれ種 07/03/19

サルビアレウカンサと白妙菊を挿し芽した鉢に、
こぼれ種のビオラのちび芽をみつけたのが
12月1日。
Viora11292
 
   ↓  ↓  ↓

それが、本日めでたく開花♪
Viora0319_1
どんな花か楽しみでしたが、
どうやら去年種を買ったタキイの「きまぐれビオラ」f1ペニーマリーナ
種がまだあったので今年も蒔き、ちび苗がすくすく育っているのですが、
こぼれ種育ちということで、
この苗のほうが、ひとつ身分が高い(笑)

種に「f1」がつくと、
子供に同じ花を期待するのはむずかしいと覚えたような気がする。
でも、このペニーマリーナはこぼれ種であっちこっちで咲いていて、
去年の花とまったくかわらない。
色や特性が分離している花も、みてみたいような…。

さあ、大きくなったサルビアレウカンサを分けてやらねば。
だんだん忙しくなってまいりましたな♪

プリムラマラコイデス 07/03/18

070325_161601_1
3、4年前にご近所からいただいた株。
毎春必ずこぼれ種でたくさん育ってくれて、
あちらこちらできれいに咲いてくれるのだけれど、
私のカメラの腕では、花色が違いすぎる。
いい写真が撮れないのが、花に申し訳なくて涙。

奥の水仙のプランターでは、
おなじみの濃紺ヴィオラ(こちらもこぼれだね)が咲き出した。

(追:3月25日ちょっとだけましな写真が撮れたので
写真をさしかえました)

花に囲まれたテラス席 07/03/17

Cafe
国道一号に近いこのホームセンターは、
なんでも湘南で一番売り場面積が広いらしい。
気に入っているのは、
ちょっとした食べるお店があるのだけれど、
テラス席↑が、こんなふうにお花売り場に接している♪
ずらりと咲いた見事なミ二バラ(注:売り物)に囲まれながら、
一休み。

買い物を今日どうしてもすませたかったのは、
明日、初めての市民マラソンがあって、
なんと、
海沿いのR134と西湘バイパスが通行止めになるのだ。
(ここらへんだと朝の九時半から午後一時半くらいまで)
併走する国道一号が迂回路になる。

R134と西湘バイパスはいわずとしれたドライブルートだ。
それでなくても土日は渋滞する。
明日は江ノ島みながらドライブできませんよ~
東京あたりのひとが、十分に知っているといいんだけれど。
そうでなければ「いちこく(国道一号)」は大変なことになる。

白い寄せ植え 07/03/17

001
朝日を横から浴びていい感じ。
先日の「自家製寄せ植え」が落ち着いてきました。
が、
おてんばな花かんざしだけは矯正不能。
このかなり上の方で菜の花が満開。
右下のビオラは、アプリコットアンティーク。

どうしてだろう。
最近妙に白っぽい花が多い。
よほど心がピュアなものを求めているのか(笑)
う~む。


ネメシアぱらぱら~ 07/03/16

ネメシアの花があっちでもこっちでも咲いてくれている。
Rinaria0309
(ちびの写真はこちら

こぼれ種でもよく咲いてくれるけれど、
これは「ぱらぱら」こぼした種から育ったネメシア。

ネメシアの種は、
ちょうど、上を向いたコップの底にたまるようにしてできるので、
茶色く乾燥した花がらをつんで、さかさまにするだけで
「ぱらぱら~」と種が落ちてくる。

それを覚えた三男坊。
よほどおもしろかったのか、
あっちこっちで茶色い花がらを探しては、
「ぱらぱら~」「ぱらぱら~」してくれた。
おかげで、今年はあっちこっちネメシアだらけ。

白から淡いピンク~やや青みががった濃いピンクなど
花色に幅がある。
真夏をのぞいてほぼ一年中咲き続けてくれる。
主演女優賞はとれないかもしれないが、
なくてはならない、優しい存在の花だ。

種まきディモルフォセカ 07/03/14

Dimorufoseka0309
待望のディモルフォセカがようやく咲いてくれた♪
う~んきれいだ(←親ばか)

タキイの
「ワイルドフラワーハイドロカラーミックス」の種袋には、
「西洋のこぎり草、ディモルフォセカ、花菱草、ガザニア、アリッサム、
シレネ、クローバーなど、七種類以上の種が混じっている…」
と書かれている。
でも去年花をみたのは、
ストロベリーキャンドルと、クラーキア・プルケラと、リナリア、花菱草だけ。

昨秋、少し丁寧に種をまいた結果
他の種類も育っているようだ。
このディモルフォセカの花ははじめて♪
なんか葉っぱもつぼみもひどく雑草ぽくて(ごめん)、
ぜんぜん期待していなかったので(ほんとにごめん)、
なおさらうれしい。

さあ他にどんな花がみられるか。
うふうふ。楽しみ楽しみ♪

クリスマスローズのちび芽が! 07/03/13

ことしもこぼれ種から芽をだした、クリスマスローズのちび芽を発見。
発芽までほぼ一年かかるとのことで、
これは、去年の花の子たちです。
Kurirome0312
まずはこんなの↑を二つほどみつけ
ほくほくしていたら、

Kurirome03122
あらあら、よく見たら、あっちにもこっちにも。
(落ち葉はほとんどローリエ。右の新芽はシラン)

そして、うわ~、ど、どうしてそんなところに~
Kuriro03123_2
花壇のふちのブロック塀の穴の底。
花から一メートルは離れてるんだよ?

めざせクリロージャングル♪
さあ来年は、どこに飛ばしてやろうか…
Kuriro0312
のぞいてほしい我が家のクリローいまこんな↑感じ。

親のアップはこちら(二月八日咲き始めの写真)
でも親と同じように咲くとは限らないそうで…
Chiriro0208

白の沈丁花乱れ咲き 07/03/08

Jinncyouge0302
12月に紹介したこぼれ種のプリムラマラコイデスが満開に。
芽を出したのがちょうど沈丁花の鉢だったので、
できればいっしょに咲いてほしいなあと思ってました。
タイミングはばっちりだったけれど、
ちょっと高低差がありすぎて、寄せ植えとしてはNG(笑)
まさに乱れ咲き♪

せっかくなので白沈丁花のupを。
挿し枝して増やした株です。う~んこの香り。お届けしたい。
Jinncyouge03022

ハンカチ王子たち 07/03/07

先日、野球部のお別れ試合。
卒業する三年生チームvs現役一二年生で試合。
三年生は引退してからかなりたち、
つい二日前に高校に合格決まった子もいたりするから、
現役一二年生に比べ、どうみても動きがにぶい。
これはどちらが勝ってもおかしくないぞ。

次男はすでに硬球用のグラブも買い、
高校でも野球を続けるつもりでいるので、
これが野球ユニフォーム見納めというわけではない。
でも、
あのズボンには、
「ひざパッド」と「けつパッド」を苦労してちくちく縫い付けた。
試合のあとは、どこがどう汚れているかで、
スライディングしたな、とか、
むずかしい球を捕球しようとしたんだな、とかわかった。
あのズボンともお別れ。

他の子達は、高校いっても野球続けるのかなあ。わからないみたい。
なにしろ小三からチームを組んでる子供たちだ。
試合に負けておいおい泣いていた姿もなつかしい。

みんな私の大事なハンカチ王子たち。

070303baseball
逆転のランナーだったのに一塁けん制タッチアウトで試合終了。
立ち直れないチームメートを殴るためなぐさめるため
かけよった次男と、そのこころ優しき仲間たち。

おみやげはクレソン 07/03/06

渓流遊びのお土産は、
摘みたて新鮮、
ボウルいっぱいのクレソン♪
おいしいんだこれが。そのままでよし。さっとゆがいてもよし。
Kureson0304
まったく釣れなかったらしい(笑)

なしくずしに春 07/03/05

今年の暖かさにはいろいろ驚かされる。
Begonia0302_1
ベゴニアは、毎年苦労して細々と越冬させているけれど、
今年は黒ポットのまま、軒先でらくらく越冬成功したうえに、
元気いっぱい♪
すでにつぼみをつけている。

ビオラもすでにたくさん咲いてくれている。
うれしいけれど、
もうアブラムシに悩まされているうえ、
さらに、
なめくじに食べられているし!

すべてのものが凍りつく冬を経験せず、
このままなしくずしに春がくる。
っていうか、もう春だ。
Hina0302
おひなさまのバックも、去年はしだれの紅梅だったのに、
とっくに散って剪定も終わってしまった。
ことしは菜の花のみ。
なんだか損したような…

自家製寄せ植え♪ 07/03/02

ちょっと気持ちがくさくさしていたので、
シャベルを持ち、
我が家で最強のガーデニンググッズをざくざくざく…
「春なのにぎゅ~ぎゅ~」と泣いているチビ苗たちを寄せ集めたら、
ホームセンターに行かずに寄せ植えができてしまった。
Yoseue0302
真ん中に定植し損ねた白の葉牡丹、
右奥にこぼれ種のプリムラマラコイデス、
その手前、種から育てたビオラアプリコットアンティーク、
同じく種からのアリッサム(白)
去年挿し芽して夏越し成功した花かんざし、
左奥、種から育てた白のストックたち、
こぼれ種のリナリア、

そして写ってませんが、
定植しそこねた菜の花が上の方で咲いていて、
菜の花が終わったあとすぐ咲くように、
つぼみをつけた紫花菜(これも種から)が、その足元に。

以上九種。うわ~お金かかってない~
(種も3、4年前からちびちび蒔いてるものばかりだし)

でもおかげで気分すっきり。
お花たちありがとう。
気持ちがくさくさしたときは、シャベルを持ってとりあえず外へ。
これが一番効くようです(笑)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

無料ブログはココログ