movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« ああ息子   07/11/01 | トップページ | 9月に種まきしたコスモスが♪ 07/11/05 »

賢治先生の手帳  07/11/02


平塚市美術館で開催されている、
「絵で読む宮沢賢治展―賢治と絵本原画の世界」
そう、けっこうすてきな美術館なの。ドラマのロケ地になったこともあるとか。

最初に思った。
大きな奔放な字を書くひとです。手紙も原稿も、字がのびやか。
だから、かの「雨にも負けず手帳」も、想像していたより大きい手帳でした。
(字が大きくみえるのは、手帳がもっと小さいからだと思っていた)
なんと実物です。これがみたかったんだ~。

長男として生まれた宮沢家が、質屋などやっていてかなり裕福で、
賢治が反発を繰り返していたことがよくわかり、
作品に対する見方がまた変わりました。
結局、家業は次男が継ぎ、
家を出た賢治は後半生、貧しい農民たちのために身を粉にして働き、
37歳で病没。
「雨にも負けず」は、療養中に、自分のために書かれたもの。
そうかあ。

後半の展示は、賢治の絵本の挿し絵の原画展。
圧倒されました。
有名な作家さんたちの原画がずらり。
いわさきちひろ、村上勉、牧野鈴子、三橋節子、
和田誠、安野光雅、朝倉摂、棟方志功…
中村道雄の組み木絵もあるし!

これだけたくさんの個性があつめられているのに、
みんな、あの独特な宮沢ワールドを描いているので、
会場内が、ふしぎな統一感で満たされている。

これで入館700円は、お得すぎだあ。

けっこう広めの無料駐車場があるのですが、11時前には満車!
館内には、けっこうすてきなレストランもあります。

この企画展示、こののち、下関、静岡、新潟、天童をまわるそうです。
おすすめです。

« ああ息子   07/11/01 | トップページ | 9月に種まきしたコスモスが♪ 07/11/05 »

無料ブログはココログ