movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 芹(セリ)の季節 08/01/11 | トップページ | 水仙一番花 08/01/15 »

『ワールド・トレード・センター』 08/01/13

スターチャンネルで『ワールドトレードセンター』
久しぶりに映画をみて泣く。

出てくるのは、ぜんぜん超人的な力をもった人間ではなく、
本当にふつうの、どこにでもいる夫だったり妻だったり。
突然まきこまれた困難に、
泣いたりもどしたりわめいたりうろたえたり。
もし自分だったら、やはりこんな風になってしまうだろう。

現場に集まった男たちも、ぜんぜん超人的な力を持っていない。
あまりの出来事に、なにかせずにはいたたまれなくなったひとが、
それぞれに行動を起こしている。
声高によびかけて皆を動かすのではなく、
自分のできることを、自分の信念に基づいて、自分なりに精一杯する。
ひとりひとりが、もくもくと力を振り絞る。

すると、
そのちょっとずつの力が集まって、ひとつの大きな力となる。

昔住んでいたときに感じた。
こんなふうに、ひとりで行動を起こせるひとが多い国なんだアメリカは。
(いいかげんでおっちょこちょいなひとも同じくらい多いが)

だから、一応ニコラスケイジが主役なんだけど、群像劇に近いような印象。
(ニコラスケイジは後半顔しかでてこない生き埋め状態だし)
ちょっと私の好きなerっぽい展開。
でももちろん、映像にはすさまじい迫力がある。
閉所恐怖症ぎみの私にはきつかった~。映画館でちゃんとみたいような、みたくないような。

« 芹(セリ)の季節 08/01/11 | トップページ | 水仙一番花 08/01/15 »

無料ブログはココログ