movies

  • 庭好きじゃない人にもおすすめ♪クライブ・オーウェンが素敵過ぎ♪
  • 映画館でみた感動が忘れられない
  • 素敵な映画です。
  • いいんだなこれが
  • J・デップならこれ
  • A・ホプキンスはどんな役でも素敵
  • 原題『a good year』
  • 大河ドラマならやはりこれ
  • J・クルーニーが素敵なだけじゃなくて
  • P・ニューマンが好き♪
  • 邦題ほど、甘い映画ではない
  • ヨン様ファンではないけれど
  • とにかくせりふが素敵
  • 潮が運んできてくれる
  • P・ニューマンが好き♪

« 本当にバカ(涙)  11/05/16     | トップページ | アクセス数をupさせたいガーデナーさんがいたら 11/05/18 »

卒業式は…  11/05/17

久々の旗振り当番だ。
朝の登校時間に、交差点に立つ。

学校のすぐ近くの交差点なので、
手の空いてるときは、教頭先生もいっしょに立ってくれる。
子どもが来ないときは、
あれこれおしゃべりする。

体育館の耐震工事の話になる。

5月の運動会が終わりしだい、工事に取りかかるはずだった。

だが、延期になった。

体育館の一階に、家庭科室などがあるのだが、
耐震工事の間は、プレハブを建てて、移すはずだった。

そのプレハブの工事が始まっていない。
もちろん、
プレハブの資材が、すべて東北に行っているからだ。

工事が始まるのが延期になったということは、
完成するのも遅れるだろうということで、
つまり、
六年生は、どこかよそで卒業式をやることになりそうだ。

(多分、入学する中学校の体育館を借りることになりそう)

ひたすら申し訳なさそうな教頭先生。

だが、6年生の親である私は笑った。

「だいじょぶ先生、母達はだれも文句言ったりしてないですよ。
子ども達がかわいそうだなんて、だれも思ってません。
だって、あちらの子ども達のことを思えば…」

かえって記憶に残るだろう。
あの年に、小学校を卒業したのだ、と。

多少場所が違うとはいえ、
卒業式を、ちゃんとしてもらえるだけでも幸せなのだ。
いつもの学校でいつもの友達とあえる、
そんな普通の日々を、
一日一日、愛おしんで、大切に過ごしてほしい。

« 本当にバカ(涙)  11/05/16     | トップページ | アクセス数をupさせたいガーデナーさんがいたら 11/05/18 »

コメント

わかります。
息子が生まれたのは、大震災の一週間前でした。きっと、息子が小学校に上がったり、中学生になったり。そのたびにあれから何年経ったのか…と思い出すでしょう。絶対忘れないと思います。
東北に住む、息子の同級生たちが元気に一緒に成長してくれるのを願います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当にバカ(涙)  11/05/16     | トップページ | アクセス数をupさせたいガーデナーさんがいたら 11/05/18 »

無料ブログはココログ